着物の買取相場はいくら?相場一覧まとめとオススメ着物買取店

着なくなった着物やいらない着物を売りに出そうとおもったら、気になるのは着物の買取相場ですよね。そこで、着物の買取相場について着物の種類や素材、ブランドごとにまとめました。

どの着物にも共通して言えるのが、着物の買取価格はその着物の保存状態や着丈、どこで作られたものか、人気の柄かどうかなど、細かい条件に左右されるということです。

おおまかな買取相場はあったとしても、実際に査定員がその着物を見てみないと、着物ごとの買取価格は分かりません

着物の買取相場は一概には言えず、買取相場は高い着物だったけれど、状態が悪く思っていたよりも安かった!というような口コミはよく見かけます。

逆に、リサイクルショップでは二束三文にしかならないと言われていたものも、専門店のプロに査定してもらったら実は人気の品だったことが分かり想像以上の価格で売れたというケースもあります。

実際、私が振袖を売った時も、もともと安いものだった上にだいぶ古くなってしまったので、もう処分するしかないかなぁと思っていたけれど、バイセル(旧:スピード買取.jp)さんに査定してもらったらきちんと値段をつけてもらえました。

買取価格

新品同様のものや、人気のあるものならばもっと高値がついた可能性もあります。

無名のものでもしっかり査定してもらえるので、

着物を売るときには必ず着物買取の専門店で査定してもらうようにしましょう。

当サイトでは、実際に管理人が査定依頼した業者の中から、無料で簡単に査定・買取してもらえたおすすめの業者を紹介しています。

おすすめの着物買取業者ランキングを見る≫

着物の種類別の買取相場まとめ

着物には、高価な絹の織物を精巧な紋様に染めた高価な正装用のものから、気軽に着れる普段着用の着物まで様々な種類があります。

それぞれの種類ごとに、どんな着物なのかや、その着物の買取相場を実際の買取例などをふくめて紹介しています。

着物の種類をタップすると、その着物の詳細ページに飛べるので気になる方はぜひご覧ください。

着物の種類 相場
振袖 10,000円~40,000円以上
留袖 1,000円~5,000円以上
訪問着 1,000円~30,000円以上
付け下げ 100円~40,000円以上
色無地 500円~50,000円以上
小紋 100円~10,000円以上
お召し 500円~100,000円以上
絞り 5,000円~100,000円以上
絣(かすり) 1,000円~50,000円以上
3,000円~100,000円以上
江戸小紋 800円~50,000円以上
上布 3,000円~300,000円以上
銘仙 500円~20,000円以上
更紗 500円~70,000円以上
喪服 300円~1,000円以上
浴衣 300円~18,000円以上
羽織 100円~20,000円以上
500円~10,000円以上
打掛 2,000円~300,000円以上
500円~8,000円以上
和装小物 100円~

基本的に使用頻度の高いものは需要もあるため高額で買い取られる傾向にあります。さらに、振袖や訪問着など格の高い種類の着物は元々の値段が高額なので、売りに出す時も高値が付きやすくなっています。

着物買取専門店の一部業者では喪服や浴衣なども買い取ってくれますが、比較的安くなることが多いです。実は、喪服を買い取ってもらえる買取業者はそもそも少なく、当サイトで紹介している業者だとヤマトク久屋が喪服も査定対象としています。

種類別の相場記事一覧はこちら≫

着物の素材別の買取相場まとめ

着物は訪問着や色無地、小紋などの種類が同じもの同士であっても、それぞれ使われている生地の素材によって買取価格は大きく変わります。

もっとも高価なのは絹100%の正絹(しょうけん)の着物で、近代になって絹の代替として作られた化繊やウールの着物は高値はつきにくく、場合によっては買い取ってもらえないこともあります。

※それぞれの素材をタップすると、より詳細なページを見ることができます。

着物の素材 相場
正絹(しょうけん) 10,000円前後~100,000円以上
100円~1,000円以上
木綿 100円~1,000円以上
化繊やウール 100円~1,000円以上

素材によっても買取価格は大きく変動します。基本的に値段が付くのは正絹と考えて良いかもしれません。もし、需要のある柄や有名ブランドの着物の場合は正絹以外の生地でも値段が付くことがあります。

素材別の相場記事一覧はこちら≫

伝統工芸品や作家ものの買取相場まとめ

全国各地で職人に受け継がれてきた伝統工芸品や、人間国宝に認定されている作家ものの着物は、通常の着物とは全く別の高値で買い取られます。

やはり、希少で元値が高く、質が良いものばかりのためそれに見合った買取価格が付きます。ですが、伝統工芸品や作家物だからといって、汚れがひどいものやかなり古いものなどはまた価格が変わるので注意してください。

各地の伝統工芸品の着物や、人間国宝作家の着物について、それぞれの買取相場をまとめました。

伝統工芸品や作家もの 相場
伝統工芸品 5,000円~250,000円以上
作家物 15,000円~700,000円以上
アンティーク着物 500円~80,000円以上

作家物でも作家によって価格は大きく変動します。また、ブランド物や作家の場合は証紙を付けて本物だと証明できなければグッと査定額は下がってしまいます。

もし、ブランド着物や作家着物の査定を考えている場合、証紙など価値を証明できるものがあるかしっかり確認しましょう。

伝統工芸品や作家ものの相場記事一覧はこちら≫

コツはある?相場よりも高く売るために気にしたいポイント10つ

少しでも高額買取りを狙うならおさえておくべきポイントがいくつかあります。証紙など価値を証明するもの、未使用や新品に近いもの、正絹などの素材のもの、大きめのサイズのものなどです。合わせてチェックしておきましょう。

  1. 未使用の着物
  2. 10年以内に購入した新しい着物
  3. 正絹の着物
  4. シミやカビなどの汚れのない着物
  5. 有名デパートや有名呉服店の着物
  6. 有名作家や人気ブランドの作品
  7. 証紙付きの有名産地の着物
  8. 丈が長い着物
  9. 需要が多い色や柄の着物
  10. 着物の種類では訪問着

着物高額買取りのコツを詳しく見る≫

買取価格が下がってしまう原因は?

逆に、価格が下がってしまう原因もいくつかご紹介します。

  1. 10年以上前の着物
  2. 臭いや汚れやシミのひどいもの
  3. サイズが小さすぎる物
  4. ウールや化繊などの素材

上記以外にも価値を下げてしまう原因はあります。

とくに着物の状態はとても重要です。タンスにしまいっぱなしの着物は放置しているだけでどんどん状態が悪くなっていってしまいます。

着物の管理方法に自信がない方は、なるべく早く売った方が少しでもいい金額が付くかもしれません。

着物買取相場のまとめとオススメ着物買取専門店

着物買取の相場は着物の状態や着物そのものの価値によって大きく変わります。正確な価格は実際に査定してみないと分かりません。

もし、実際に査定してみよう、という場合はどこに査定を依頼するかしっかりと確認しましょう。それぞれ業者ごとに特徴があり、買取方法や対応地域が異なります。

スピード感が欲しいならバイセル買取プレミアム、喪服なども一緒に査定したい場合はヤマトクがおすすめです。

キャンセル料はかかりませんが、宅配買取の場合はキャンセル時に送料がかかりますのでその点もしっかりと確認しておく必要があります。

着物買取業者の比較一覧はこちら≫

当サイトおすすめ!

出張買取なら…

バイセル公式サイト

出張買取ならバイセルがおすすめ!大手買取店のため人員が多く、出張に来てもらえるスピード感が違います。取り扱っている買取方法が多く、オペレーターに相談すればどんな地域の方でも一番いい買取方法をアドバイスしてもらえますよ。


宅配買取なら…

着物買取ヤマトクの公式サイト

宅配買取ならヤマトクがおすすめ!ヤマトクなら、他サービスでは買取不可になってしまう喪服なども査定対象内!宅配しか対応しておらず、キャンセルの場合は返送料がかかってしまいますが、幅広く査定してくれるところがポイントです。


着物買取サービスのおすすめランキングを見る≫