着物買取の相場一覧- 種類、素材別に調べてみた

着物の買取相場についてまとめたページの一覧です。

どの着物にも共通して言えるのが、着物の買取価格は、その着物の保存状態や着丈、どこで作られたものか、人気の柄かどうかなど、細かい条件に左右され、おおまかな買取相場はあったとしても、実際にその着物を見てみないと、実際の買取価格は分からないということです。

着物の買取相場は一概には言えず、リサイクルショップでは二束三文にしかならないと言われていたものも、実は人気の品だと専門店のプロに査定してもらったら分かり、想像以上の価格で売れたというケースもあります。

実際、私が振袖を売った時も、もともと安いものだった上にだいぶ古くなってしまったので、もう処分するしかないかなぁと思っていたけれど、スピード買取.jpさんに査定してもらったらきちんと値段をつけてもらえました。

買取価格

新品同様のものや、人気のあるものならばもっと高値がついた可能性もあります。

無名のものだったり、一着からでも査定してもらえるので、

着物を売るときには必ず、着物買取の専門店で査定してもらうようにしましょう。

当サイトでは、実際管理人が着物を買い取ってもらった業者の中から、簡単な手続きで無料で査定してもらえた、おすすめの業者を紹介しています。

>>おすすめの着物買取業者ランキングを見る

着物の種類別の買取相場

着物には、高価な絹の織物を精巧な紋様に染めた高価な正装用のものから、気軽に着れる普段着用の着物まで様々な種類があります。
それぞれの種類ごとに、どんな着物なのかや、その着物の買取相場を、実際の買取例などをふくめて紹介しています。

着物の素材別の買取相場

着物は形は同じ種類であっても、生地の素材によって金額は大きく変わります。
もっとも高価なのは絹100%の正絹の着物で、近代になって絹の代替として作られた化繊やウールの着物は、高値はつきにくくなります。
それぞれの素材ごとの買取相場と、どんなところで売るのがいいのかをまとめました。

伝統工芸品や作家ものの買取相場

全国各地で職人に受け継がれてきた伝統工芸品や、人間国宝に認定されている作家ものの着物は、通常の着物とは全く別の高値で買い取られます。
各地の伝統工芸品の着物や、人間国宝作家の着物について、それぞれの買取相場をまとめました。