伝統工芸品や作家ものの買取相場

アンティーク着物とはどんなものかや買取相場まとめ

昭和初期以前に作られたアンティーク着物を売りたい場合、きちんと価値を分かってもらえるところに出さないと、古いものだからと安い金額になってしまうことがあります。

アンティーク着物を売る時はどこで売るのがよいか、買取相場はいくらなのかについてまとめました。

>>アンティーク着物の買取相場をすぐ見る

アンティーク着物とは

アンティーク着物とは、基本的には大正から昭和初期にかけて作られた着物をいいます。大正ロマン、昭和モダンと呼ばれ、カジュアルな小紋や更紗からフォーマルな振袖や留袖、訪問着などさまざまです。

続きを読む

伝統工芸品の着物の買取相場-各種工芸品の買取例一覧

着物には、全国各地で伝統工芸品に指定されているものがいくつも種類があります。譲り受けた伝統工芸品の着物はなかなか処分しづらいものですが、着ることもなくただ保管しておくだけでは劣化してしまい、価値がなくなってしまいます。

伝統工芸品の着物を売りたい場合は、どこで売るのがよいか、買取相場はいくらなのかについてまとめました。

>>伝統工芸品の着物の買取相場をすぐ見る

伝統工芸品とは

着物は日本に古くから伝わる民族衣装で、日本独自の文化です。全国各地でさまざまな伝統的な技法を凝らして、染め物や織り物として発展してきました。

伝統工芸品とは国や地方自治体により指定されるもので、高度な技術と経験があって昔から伝わる、その地域の名産品をいいます。

続きを読む

作家ものの着物の買取相場や、どこで売るのが良いのかまとめ

作家物とは人間国宝や伝統工芸士、デザイナーなどによって作られたオリジナル作品です。成人式用に買ってもらった振袖だけどもう着ることはない、譲り受けた作家ものがあるけれど保管する場所がない、などの理由で売られることも少なくないです。

作家ものの着物を売りたい場合にどこで売るのがよいか、買取相場はいくらなのかについてまとめました。

>>作家ものの着物の買取相場をすぐみる

作家ものの着物とは

一般に作家ものと呼ばれるのは、着物の世界で活躍している人の作品です。人間国宝や伝統工芸士など技術を認められた場合や、着物をプロデュースしているタレントさんなども含まれるので一口に作家ものといってもケースバイケースです。

代表的な作家名や特徴をご紹介します。

続きを読む