種類別の買取相場

更紗の買取相場 どんな店で売ればいい?

更紗は、人物、鳥獣、植物などの模様を手描きや型で染めたもので生地は主に正絹と木綿です。

更紗を売りたい場合にどこで売るのがよいか、買取相場はいくらなのかについてまとめました。

>>更紗の買取相場をすぐ見る

更紗とは

更紗は、インドから伝わり木綿や正絹に人物、鳥獣、植物、幾何学などの模様をさまざまな色を使い手描きや型染めにした布です。

続きを読む

上布の買取相場 高価買取してくれるのはどんな店か

上布は、麻の織りの着物で、さらりと軽く着心地が良い夏の着物です。

譲り受けたけれどサイズが合わない、着る機会がなくなってタンスにしまいっぱなしだけど保管に手間がかかるなどの理由から売られることも少なくないです。上布を売りたい場合にどこで売るのがよいか買取相場はいくらなのかについてまとめました。

続きを読む

帯の買取相場 名古屋帯や袋帯など種類別買取例

俗に「着物1枚に帯3本」と言う言葉の通り、着物を楽しむようになると、どうしても帯の数は増えていってしまいます。
着物を着る人も、着ない人も、帯を整理してスッキリしたいと思ったときに、どこに売りに出すのが良いのか、相場などもあわせて調べてみました。

続きを読む

銘仙の買取相場 伊勢崎銘仙などの買取例紹介

銘仙(めいせん)は、大正から昭和にかけて女性の普段着やお洒落着として日本全国で着られた平織りの絹の着物です。

可愛らしい柄の銘仙は年齢的に気がひけてもう着れない、譲り受けたサイズの合わない銘仙を捨てるのはもったいないなどの理由で売られることも少なくないです。

銘仙を売りたい場合にどこで売るのがよいか、買取相場はいくらなのかについてまとめました。

続きを読む

色無地の買取相場について。どこで売るのが得?

色無地は柄がない一色の黒以外の着物のことを指します。年齢やミス、ミセスに関係なく着られ一枚持っていると幅広いシーンで活躍してくれるのが魅力なのですが、引越しをするから、嫁入り道具だけど着る機会がないなどの理由で売られることも少なくないです。

色無地を売りたい場合にどこで売るのがよいか買取相場はいくらなのかについてまとめました。

>>色無地の買取相場を今すぐ見る

色無地とは

色無地は柄がない黒以外の単色の着物で、正絹から化繊までさまざまな素材でつくられたものがあります。地紋と呼ばれる布地自体に柄を入れていることも多いです。

色無地に合わせる帯は名古屋帯から袋帯まで締められるので、紋を入れると格が上がり袋帯でフォーマルな結婚式の披露宴や入学式の付き添い、お茶会で着られ、紋を入れないと食事会やショッピングに名古屋帯でカジュアルに着れるので重宝します。

続きを読む