着物が買取できないのはどんな場合? 買い取りできないときの対応

思い切って着物の買取をお願いしたにもかかわらず、買取をしてもらえないと、とても残念な気持ちになります。

買取を依頼する前に、着物が買取できないのはどんなケースがあるのかや、買い取りできないときの対応をまとめました。

買取できないケース

基本的に、着物買取店が買い取った着物は、お手入れをして再び次のユーザーへ販売することが目的です。

ですので、売り物にならない、売れないと判断された着物類は買い取ってもらうことができません。

買取できないケースとしては以下のものがあります。

ひどく傷んでいる・汚れている着物

やはり、ひどく傷んでいたり、汚れている着物の買取は難しいでしょう。

軽い傷みや汚れで、クリーニングやお手入れ次第で売り物になるものは、買取が可能になります。

売り物になるかならないかがポイントなので、同じ着物でも裏地部分が汚れていても買い取ることが可能な場合もあり、表に汚れがあって目立つ、落ちない汚れの場合は、ほとんどの場合買取が難しいです。

汚れがあっても、着用した時に汚れが隠れてしまう場合は、買取をしてもらえることもあります。

匂いがひどい着物

目に見えるカビがなくても、カビ臭や防虫剤の染み付いた匂いがひどい着物も、買取不可になる場合があります。

カビ臭は、その着物自体がカビていなくても、他のカビている着物から匂いが移り、同じ引き出しの着物全てにカビ臭が移ってしまうことも。

カビ臭や防虫剤の匂い以外にも、汗や香水、ペット、タバコの匂いなども注意が必要です。

買い取ってもらえる場合でも、買い取った後に匂いを取るためにクリーニングに出す必要があり、そのクリーニング代の分、査定価格が低くなってしまいます。

素材が絹以外の着物

正絹であることが売れる着物の一番の条件で、素材が麻である上布も買取をしてもらうことができますが、ウールや化繊の着物は買取不可としているショップもあります。

ただし、ウールや化繊の着物でも人気のブランド品であったり、価値があるものと判断された場合には、高値の期待はできませんが、買取が可能な場合もあります。

着物の素材を問わず、どんな素材でも着物であれば買取をしてくれる着物買取店もあるので、公式サイトで確認しましょう。

当サイトで紹介しているおすすめサイトでは、どんな素材でも買取可能とうたっています。>>おすすめの買取業者ランキング

喪服

喪服の場合、着物のリサイクル市場ではほとんど需要がないので、買取が難しいといわれることが多いです。

値段がつかないといわれてしまうことも少なくなく、喪服の査定自体を受け付けていないショップもありますが、当サイトで紹介しているヤマトクスピード買取.jpなどでは、喪服も査定・買取対象になっています。

小さすぎる着物

小さすぎる着物は、着用できる人が少なく、売れる可能性が低くなるので、買取不可となる事がほとんどですが、柄が良くて状態の良いものの場合は、買取が可能なこともあります。

また、手芸用リメイク素材として、買取をしてもらえる場合もあります。

買取できないときの対応

宅配買取のヤマトクなどの場合、買取できないものもそのまま引き取って処分してくれます。

出張買取の場合は、引き取ってもらうことはできないので、自分でゴミに出すことになります。

ゴミに出す場合は各自治体の分類に従いますが、古布として扱っている自治体が多いです。

まとめ

売り物にならない着物や、買い取ってからクリーニングやお手入れが必要なものは買取不可となってしまうケースもあります。

着物買取の専門店では、宅配買取であれば買い取れないものもそのまま引き取って処分してくれます。

買取可能か判断が難しい場合は、専門店の無料査定を依頼して、実際に確認してもらいましょう。

>>おすすめの着物買取業者ランキングはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
このカテゴリの関連記事