着物をリサイクルするには、どこのお店に売るのがいい?

着物をリサイクルしたいとき、リサイクルショップに売る、古着屋に売る、着物買取専門店に売るという3つの方法があります。

どちらがどう違い、どういうお店にリサイクルに売るのが良いのかをまとめました。

リサイクルショップに売る場合

家庭にある中古品や古いものを処分する時に、リサイクルショップは、どの街にもあって身近なお店の一つです。

着物をリサイクルに出すと言って、一番に思い浮かぶのはやはりリサイクルショップではないでしょうか。

ほとんどの場合、実店舗のあるリサイクルショップへ着物を持ち込むには、

  1. ショップに持ち込む
  2. 査定をしてもらう
  3. 査定に納得したら買い取ってもらう(買い取ってもらう際、身分証の提示が必要)

この順序になります。

なお、リサイクルショップによっては、着物の買取を不可としているショップもあるので、まず着物の取り扱いがあるかの確認が必要になります。

気になる買取価格ですが、リサイクルショップに出してしまうと高額買取はまず期待できません。

どんなに素晴らしい着物であっても、査定をする時の判断が良い査定でも古着扱いとなり、1枚が数十円から数百円、ただの古い布やハギレ扱いとなると、ダンボールで数箱持って行ってもやっと数百円の買取になってしまうことが多いようです。

リサイクルショップには着物の価値がわかるスタッフのいない場合が多く、こまかい査定はできないことが多いので、着物の価値が価格に反映されず、せっかくの着物も二束三文の買取値になってしまいがちです。

わざわざ車で持ち込んだり、宅急便で送っても、ガソリン代や送料を考えるとかえって収支がマイナスになってしまうこともあるので、事前に着物の買取の有無とどれくらいの価格で買い取ってもらえるか、どんな状態の着物でも可能なのかなどの問い合わせは必須です。

古着屋で着物を売る場合

若者に人気の古着屋さんですが、最近では店舗に行くことなく、ネット申込で着物を売ったりすることができます。

  1. Webから住所などを入力し、買取申込をする
  2. 自宅に段ボールなどの宅配キットが届く
  3. 商品を送って査定してもらう
  4. 納得すれば銀行振込にてお金を受け取る

流れとしては着物買取の専門店(宅配サービス系)と同じですが、異なるのはやはり査定金額と買取不可の割合です。

古着屋はノーブランドの着物を買い取っていないことが多く、流通ルートの少なさから買取額も極端に低いケースが多いです。

古着屋は主に若者向けのアパレルブランドの古着を売買することに長けており、着物を買い取っても客層が違うので売れません。そのため、買取額が低くなってしまうという訳です。

着物をリサイクルしたいときの候補としては、一番ナシかなと私は思っています。

着物買取専門店に売る場合

最近では、着物の買取を専門にしているショップが多数あります。

着物専門という言葉に、少し敷居が高い気がするかもしれませんが、着物のことに詳しい専門のスタッフがいるリサイクルショップで、着物を中心に買い取ってリサイクルしています。

ほとんどの場合、着物買取専門店に出すには、

  1. ホームページから査定を申し込む
  2. 出張の場合は自宅に査定員が訪問し、宅配の場合は着物梱包キットが送られてくるので着物を送る
  3. 査定をしてもらう
  4. 査定に納得すればそのまま買取、納得できなければ返却

だいたいはこのような流れになり、多くの買取店では無料で出張査定に来てくれたり、宅配買取の場合も、こちらから着物を送る時の送料を負担してくれます。

着物買取店の中にも、ポリエステルやウールの着物を買取不可としていたり、小物類は買い取らないショップもあるようですが、どんな状態の着物でもすべて買い取ってくれるショップもあるので、着物買取専門店に出す場合はお店選びが重要になり、当サイトでもおすすめの買取店を紹介しています。>>おすすめの着物買取店ランキング

買取価格については、着物の質や状態にもよりますが、数千円から状態が良くて価値の高いものは数十万円にもなることがあります。

証紙つきの希少なものや、有名作家の着物などの場合は高額買取が期待できます。

着物専門のスタッフが、一点一点丁寧に査定をしてくれ、価値のあるものは価値のある価格で買い取ってくれるので、大切にしていた着物をただの布切れのように扱われることはありません。

当サイトで紹介している着物買取店のように送料を負担してくれる着物買取専門店を選べば、査定に納得できなくて買取が成立しなくても、収支がマイナスにはならないです。

まとめ

着物買取専門店とリサイクルショップの一番大きな違いは、着物に詳しいスタッフが査定をしてくれるかどうかということです。

査定をする上で、次のユーザーを想像したり、次の使い道を考えて、できるだけ高額で買取をしてくれる着物買取専門店と、ただ単純にリサイクルを目的としているリサイクルショップでは、着物の扱いや買取価格が大きく違うのは仕方ありません。

これまで大切にしてきた着物を、大切に扱ってくれる着物専門店にリサイクルをおまかせすると、高額買取が期待できるだけでなく、次のユーザーへの丁寧な橋渡しができるでしょう

>>おすすめの着物買取業者ランキングはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
このカテゴリの関連記事