着物の出張買取の流れや、出張買取のメリットデメリット

着物を処分する場合にはいろいろな方法がありますが、着物の出張買取をお願いすると、着物のことを全く知らなくても、担当者が自宅まで訪問して来てくれて、着物を買い取ってもらうことができます。

着物を出張買取してもらうときの流れや、出張買取のメリット、デメリットについてまとめました。

出張買取の流れ

着物の出張買取をしてくれるお店はいろいろありますが、大まかな流れは、

  1. 公式サイトから出張無料査定を依頼する。
  2. 担当者が自宅に来て着物の査定をする。
  3. その場で査定に納得すれば、そのまま買い取りをしてもらう。

こんな感じですぐに終わります。

査定を申し込んだあとは、場所や時間にもよりますが、すぐに折り返しの連絡が来て、早ければ30分ほどで買い取りに来てもらうことができるので、急な引越しや突然思い立って着物を処分したくなった場合も便利です。

着物の査定は、着物の枚数や担当者にもよりますが、それほど時間がかからずに終わります。

その場ですぐに査定金額がわかるので、査定に納得すればそのまま買い取りになりますが、納得できない場合は、無理に買い取ってもらわなくても大丈夫です。買い取り無しの時にも、料金が発生するようなことはありません。

わざわざ自宅に来てもらって、断れなかったらどうしようかと不安に思うかもしれませんが、最初の問い合わせで、査定に納得できない場合の対応も確認しておくと良いでしょう。

出張買取の対応時間は?

出張買取の依頼や問い合わせは、ほとんどの場合、問い合わせフォームや電話対応を年中無休の24時間体制でしています。

出張買取に来てくれる時間や日にちの指定は、業者によりさまざまですが、たとえばスピード買取.jp買取プレミアムでは、下記のような対応になっています。

土日祝日の営業は?

両社とも、受付や問い合わせ、出張査定も土日祝日365日対応しています。

申し込みは24時間可能で、公式サイトから問い合わせフォームを使ってコンタクトを取ると、朝9時から夜9時の12時間の間に確認の電話が入るので、出張査定の日程を調整します。

出張は夜間も対応できる?

出張査定をしてもらえる時間帯は、スピード買取.jpは10時から20時30分、買取プレミアムさんは10時から20時の間が基本ですが、両社とも多少は対応時間をすぎても、対応してもらえる場合もあるようです。

出張買取のメリットとデメリット

電話をして、あとは自宅に来てもらうだけの出張買取はとても簡単で、着物を売りたい人にはメリットがいっぱいですが、人によればデメリットと感じることもあるかもしれません。

メリット

自宅で、来てもらった担当者に着物を見せるだけでその場で買取が済むので、とても簡単でラクです。

着物を畳み直したり、梱包したりする必要がなく、着物の知識がなくても全ての買取をショップの担当者にお願いするだけです。

問い合わせフォームに記入し送信後は担当者を待つだけで、出張費や査定料などを、売る側が負担することがないので、全くお金がかかりません。

査定は自宅でしていただけて、もちろん買取もその場でしてもらうことになり、査定で出た買取金額をすぐに手にできることが一番のメリットで魅力でしょう。

また、査定理由を知りたい場合は、着物を目の前にして説明を受けることができるので安心です。

デメリット

自宅に知らない人が来ることに抵抗がある方は、少し不安を感じることがあるかもしれません。

一対一で会うことが不安な場合や、査定に納得できない場合の対応が心配な方も、家族や友人などと一緒に査定に立ち会えば、そういった不安は問題なくなるでしょう。家の中に上がらず、玄関先での買取も可能です。

スピード買取.jpなどでは、土日祝日ふくめて夜20時まで出張対応してくれますが、夜遅くまで仕事をされている方や、忙しくて時間の約束がしづらい方も、自宅で買取をしてもらうことが難しいかもしれません。

そういった方は、宅配を利用した着物買取が便利です。>宅配買取についてはこちらのページ

まとめ

問い合わせフォームに記入さえすれば、売りたい着物を揃えてショップ担当者が来るのを待つだけで、適正価格で着物を買い取ってもらえ、その場で現金を受け取れるのが出張買取の一番うれしい魅力です。

査定している状況を近くで見ることできて、査定理由などの説明を受けることができるので、納得して着物の売却ができるでしょう。

>>おすすめの着物買取業者ランキングはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
このカテゴリの関連記事