古い着物を処分するには?着物の処分方法まとめ

祖母のものや実家の納戸から見つかった古い着物や帯が自分の好みに合わなかったり、古すぎて穴やシワ、カビがひどくて着用できない場合など、どのように処分するのが一番良いでしょうか?

ただゴミに出す以外にも、古い着物であっても買い取ってもらえる場合やリメイクできる場合もあります。

このページでは、古い着物の処分方法についてご紹介します。

着物を処分するのはいつがいい?

そもそも、着物の処分はどのタイミングが良いでしょうか?

もし、売ってお金に換えたいという場合、ずっとタンスにしまっている着物はすぐに売った方が良いでしょう。タンスにしまっているだけで虫食いやシミなど価値が下がる原因に繋がってしまいます。

人に譲る場合も同様です。なるべくきれいな状態が望ましいです。

着物の処分方法① ゴミに出す

売っても値段がつかなそうな汚れのひどい着物の場合、ゴミに出してしまう方も少なくありません。

後程詳しく説明しますが、着物買取専門店の中には値段がほぼつかないようなものも引き取ってくれるケースがあります。

最後の手段としてゴミに出す場合は古布として出すなど、自治体によって捨て方が決められているため、それに従って出すことになります。

一見すると古くて価値がなさそうな着物でも思わぬ売値がつくこともあるので、ただ捨ててしまうよりも簡単に頼める専門店の無料査定を受けるのがおすすめです。

おすすめの着物買取店はこちら≫

着物の処分方法② 専門店やオークションで売る

着物を処分する方法には、リサイクルショップや着物の専門買取店に売る方法と、インターネットオークションやフリーマーケットなどのツールを使い自分で個人の人に直接売る方法があります。

リサイクルショップや着物の専門買取店で売る

着物を買い取ってくれるお店はたいていの場合、価値のあるまだまだ着用が可能な着物を買い取って、自社でメンテナンスした後に中古の着物として販売しています。

人気の柄であったり、格が高いと思われるもの、珍しい着物は、高価買取が期待できるでしょう

いざ、着物を売ろうと思った時に気になるのが「着物を買い取ってもらえるお店はたくさんあるけど、より売るのに向いているのはどこ?」という点です。

様々なものを扱っているリサイクルショップでも着物を取り扱っているお店はありますが、そういったリサイクルショップよりも、着物買取専門店の方が、着物の鑑定に習熟した査定員の人に査定してもらえるのでおすすめです。

リサイクルショップと買取店、着物を売るならどっちがオトク?≫

当サイトに寄せられた体験談でも、リサイクルショップでは値段がつかなかった着物が、専門店では思わぬ高値で買い取ってもらえたというケースがありました。

リサイクルショップで着物を売ったら価格は…!?体験談はこちら≫

着物買取の専門店に頼む場合、自宅に出張してきてもらったり、宅配で着物を送って査定してもらいます。査定結果に納得すればその場で買い取ってもらえるのですが、いずれも簡単な手続きで、すべて無料で査定をしてもらえます。

こういった専門買取店の中では多少古くなっている着物もまとめて買い取ってくれる事も多いので、不要だと思う和装小物類も合わせて一緒に査定してもらうと、少しおまけをしてもらえることがあります。

和装小物の買取相場はこちら≫
おすすめの着物買取業者はこちら≫

オークションやフリーマーケット

ヤフーオークションなどのオークションサイトやフリーマーケットなどで、着物を売る方法もあります。

実は、人気の柄などは思ったよりも高く売れる場合もあります。ですがオークションやフリーマーケットの場合は、出品から発送まですべて自分行うため面倒です。

また、着物の価値を正確にわかってもらえない可能性があったり、クレームや値下げの要求に対応しなくてはいけない事もデメリットです。

オークションと着物買取店、着物を売るのはどっちがオトク?≫

オークションに出すときは、着物の状態がよく分かるように写真を撮って、目立つ汚れなどがあれば、アップで撮影し、納得した上で入札をしてもらうようにします。

フリマアプリで着物を売った結果は…?体験談はこちら≫

着物の処分方法③ リメイク

最近では祖母や母親から受け継いだ着物を、リメイクしている方が多いです。

着物は着ないけど手元に残しておきたいものや、思い出の着物を違う形で楽しみたい方に人気のようです。

ブラウスやワンピース、スカートなどの洋服にしたり、豪華な振袖をウエディングドレスにリメイクされる方もいらっしゃいます。

持ち込んだ着物を日傘やバッグなどにリメイクしてくれるショップもありますし、ヘアアクセサリーやポーチなどの小物は、手芸ができる方ならすぐに作ることができるでしょう。

リメイクする技術や、費用がかかってしまうのがデメリットですが、形を変えてずっと手元に置いておきたい時にはおすすめです

着物の処分方法④ 人に譲る

知り合いに着物を着る人がいるなら、その人に譲るというのもひとつの手です。知り合いなら信頼できますし、ごみとして処分したりお金に換えたりするよりも罪悪感が無いという人が多いです

最近では若い人の間で着物をレンタルして街を歩くことが流行っていますし、意外と周りで「着物が欲しい」という人がいるかもしれません。

着物の柄が気に入るか、サイズは合っているか、そもそも周りに興味のある人がいるのか、と条件はたくさんあります。

親に買ってもらったから、譲ってもらったから等々…お金ではなく、気持ちを大事にしたいという方は少し手間はかかりますが人に譲ることを考えてみてはいかがでしょうか?

おすすめの処分方法

それぞれ、着物に対する思いや目的によっておすすめの処分方法は異なります。

お金に換えたい場合は着物買取専門店へ

持っている着物を少しでもお金に換えたい場合は、着物買取専門店に売るのがおすすめです。

専門家が査定するので、着物の価値をちゃんと見てもらえます。元値が高い着物を安く買いたたかれることもなく、かつ取引の手順がとっても簡単なので人気の処分方法です。

基本的に着物買取専門店の買取方法は3つあります。

  • 出張買取
  • 宅配買取
  • 店頭買取

この中でも出張買取は自宅に査定員が来てくれるため、外出する手間がありません。また、宅配買取は全国どこからでも買取店に配送するだけで良いので場所を選びません。

さらに嬉しいのはお金がかからない事。箱で送る場合の送料も、査定後の買取キャンセルも、基本的にすべて無料です。

こういった点が人気であり、当サイトでもおすすめする理由です。

一枚一枚は価値が無くても量で売りたい場合はリサイクルショップへ

もし、プロの目で見ても価値が付かないような着物をたくさん売りたいという場合はリサイクルショップの方が値段が付くことがあります。

大量に売りたいという場合は量り売りのお店に持って行くようにしましょう。

お店まで持って行く手間や、相当な量が無いと結局赤字になってしまうという事もあり得ますが一気に処分することもできるので覚えておいて損はない処分方法です

どうしても手放すのが惜しい場合はリメイク

着物に思い入れがあったり、着物は着ないけど生地や柄が気に入っているという場合はリメイクがおすすめです。

自分が日ごろ使うような小物だったり、自分が着るようなものにリメイクすると着物のまま手元に置いておくよりも活躍してくれます。

自分や周りに裁縫ができる人がいるならすぐにリメイクできますが、もし周りにいない場合は業者に頼んでリメイクしてもらいましょう。

自分の好きな値段を付けたい場合はオークションやフリマで

専門家の査定でもなく、量り売りでもなく、自分の思う値段で売りたいという場合はオークションやフリマがおすすめです。

高値が付きにくい生地や柄でも、個性的なものであったり、個人的な好みに刺さるものだったりすると着物買取専門店よりも高く売れることがあります

売買のやりとりを自分でやらなくてはいけないためとても手間がかかりますが、こだわりを持って売りたいという方にぜひ利用していただきたいです。

信用できる人に渡したい場合は知り合いへ

いくら専門家とはいえ、赤の他人。信用できる人に譲り渡したいという着物もあるのではないでしょうか。

周りに着物を着る人がいて、その人に合った着物を持っているならば譲るのもいいでしょう。知っている人なら着物の状態についても伝えやすいですし、オークションやフリマよりも比較的楽にやり取りできます。

着物の処分方法のまとめ

古い着物は、現在作られている着物よりも生地に厚みがあり、縫製も丁寧でしっかりしています。

一般的にいえば、使い古した着物よりも新品に近い方が状態が良く、高く売れるのも事実ですが、古い着物の中に思わぬ価値のものがまぎれている場合もあります

着物の状態だけでなく、その着物の人気の有無など、素人目にはわからない部分で高値がつくケースもあるので、古いからといってただ処分してしまうのではなく、一度専門店の無料査定を頼んでみるのが良いと思います。

自宅まで来てもらえる出張買取ならバイセル買取プレミアム、宅配買取でいっきに回収してもらいたいならヤマトクがおすすめです。

3サービスとも、宅配買取なら価格が付かなかった場合でも引き取ってもらえるので手早く片付けたいという方には宅配買取がいいでしょう。

おすすめの着物買取専門業者ランキングはこちら≫

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
このカテゴリの関連記事