古い着物を処分するにはどうするのが良い?着物の処分方法まとめ

祖母のものや実家の納戸から見つかった古い着物や帯が、自分の好みに合わなかったり、古すぎて穴やシワ、カビがひどくて着用できない場合など、どのように処分するのが一番良いでしょうか?

ただゴミに出す以外にも、古い着物であっても買い取ってもらえる場合やリメイクできる場合もあります。このページでは、古い着物の処分方法についてご紹介します。

処分方法①ゴミに出す

売っても値段がつかなそうな汚れのひどい着物の場合、ゴミに出してしまう方も少なくないですが、後述するように、着物買取専門店の中には、値段がほぼつかないようなものも引き取ってくれるケースがあります。

最後の手段としてゴミに出す場合は、古布として出すなど、自治体によって捨て方が決められていますので、それに従って出すことになりますが、古くて価値がなさそうな着物でも思わぬ売値がつくこともあるので、ただ捨ててしまうよりも、簡単にやってもらえる、専門店の無料査定を受けると良いです。

>>おすすめの着物買取店はこちら

②専門店やオークションで売る

着物を処分する方法には、リサイクルショップや着物の専門買取店に売る方法と、インターネットオークションやフリーマーケットなど自分で個人の人に直接売る方法があります。

リサイクルショップや着物の専門買取店で売る

着物を買い取ってくれるお店は、たいていの場合、価値のあるまだまだ着用が可能な着物を買い取って、自社でメンテナンスした後に中古の着物として販売しています。(参考記事:着物のリサイクルについて)

人気の柄であったり、格が高いと思われるもの、珍しい着物は、高価買取が期待できるでしょう。

様々なものを扱っているリサイクルショップでも着物を取り扱っているお店はありますが、そういったリサイクルショップよりも、着物買取専門店の方が、着物の鑑定に習熟した査定員の人に査定してもらえるのでおすすめです。

当サイトに寄せられた体験談でも、リサイクルショップでは値段がつかなかった着物が、専門店では思わぬ高値で買い取ってもらえたというケースがありました。

買取の手続きは、自宅に出張してきてもらったり、宅配で着物を送って査定してもらい、結果に納得すればその場で買い取ってもらえるのですが、いずれも簡単な手続きで、すべて無料で査定をしてもらえます。

こういった専門買取店の中では、多少古くなっている着物もまとめて買い取ってくれる店も多いので、不要だと思う小物類も合わせてたくさん一緒に査定してもらうと、少しおまけをしてもらえることもあります。

>>おすすめの着物買取業者ランキングへ

オークションやフリーマーケット

ヤフーオークションなどのオークションサイトやフリーマーケットなどで、着物を売る方法もあります。

人気の柄などは思ったよりも高く売れる場合もありますが、すべてを自分でするので面倒なのと、着物の価値を正確にわかってもらえない可能性があるのがデメリットです。

オークションに出すときは、着物の状態がよく分かるように写真を撮って、目立つ汚れなどがあれば、アップで撮影し、納得した上で入札をしてもらうようにします。(くわしくは、着物をオークションで売るのは実際どうなの?の記事へ)

③リメイク

最近では祖母や母親から受け継いだ着物を、リメイクしている方が多いようです。着物は着ないけど手元に残しておきたいものや、思い出の着物を違う形で楽しみたい方に人気のようです。

ブラウスやワンピース、スカートなどの洋服にしたり、豪華な振袖をウエディングドレスにリメイクされる方もいらっしゃいます。

持ち込んだ着物を日傘やバッグなどにリメイクしてくれるショップもありますし、ヘアアクセサリーやポーチなどの小物は、手芸ができる方ならすぐに作ることができるでしょう。

リメイクする技術や、費用がかかってしまうのがデメリットですが、形を変えてずっと手元に置いておきたい時にはおすすめです。

処分方法のまとめ

古い着物は、現在作られている着物よりも生地に厚みがあり、縫製も丁寧でしっかりしています。

一般的にいえば、使い古した着物よりも新品に近い方が状態が良く、高く売れるのも事実ですが、古い着物の中に思わぬ価値のものがまぎれている場合もあります。

着物の状態だけでなく、その着物の人気の有無など、素人目にはわからない部分で高値がつくケースもあるので、古いからといってただ処分してしまうのではなく、一度専門店の無料査定を頼んでみるのが良いと思います。

>>おすすめの着物買取専門業者ランキングはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
このカテゴリの関連記事