アンティーク着物とはどんなものかや買取相場まとめ

昭和初期以前に作られたアンティーク着物を売りたい場合、きちんと価値を分かってもらえるところに出さないと、古いものだからと安い金額になってしまうことがあります。

アンティーク着物を売る時はどこで売るのがよいか、買取相場はいくらなのかについてまとめました。

>>アンティーク着物の買取相場をすぐ見る

アンティーク着物とは

アンティーク着物とは、基本的には大正から昭和初期にかけて作られた着物をいいます。大正ロマン、昭和モダンと呼ばれ、カジュアルな小紋や更紗からフォーマルな振袖や留袖、訪問着などさまざまです。

アンティーク着物は鮮やかな色彩で、はっきりとした柄が特徴で、現代では見られない斬新なデザインが新鮮で魅力的です。

着物の歴史

現在の着物のスタイルである帯揚げ、帯締めを使ってお太鼓結びをするようになったのは、麻や木綿が主流の江戸時代後期です。

西洋文化が流れ込んだ明治時代は、西洋ブームを伝統的な柄に取り入れ日本独自の着物を確立してきました。

大正時代になると大正デモクラシーによって、大正ロマンと呼ばれる和と洋が調和した独自の流行を作り上げ、ヨーロッパの影響を受けたアール・ヌーヴォーやアール・デコは大正の人々に愛されました。着物に化学染料が使用されるようになり、明治時代に定着した羽織は華やかな色やぼかし染めに変わり、草木染めでは作りだせない濃密な色彩が生み出されていったのです。

第二次世界大戦によってモンペスタイルとなり、戦後はカジュアルで気軽に着られるウールが全国の女性の間で流行しましたが、洋服が一般的となり着物は特別な日の装いに変わっていきました。

大正時代の着物の代表として、銘仙があります。大正から昭和にかけて女性の普段着やお洒落着として日本全国で着られた絹の着物で、大正ロマン、昭和モダンを感じさせるビビッドカラーでノスタルジックな柄が現代再び人気が出ています。

アンティーク着物の斬新でモダンな色や柄は現代でも新鮮で、フォーマルなアンティークは華やかな結婚式の披露宴に、カジュアルなものはショッピングや観劇、お食事会に個性的に着こなすことができます。

アンティーク着物を買取をしてくれるのはどこ?

不要なアンティーク着物や、いただいたけどサイズが合わずタンスにしまいっぱなしになっているアンティーク着物は保管しておいても場所を取り劣化してしまうだけです。今後も着る予定がなく売りたい場合にどこで売るとよいかについてまとめてみました。

ネットオークション

アンティーク着物はきちんと保管したつもりでも、かなりの年月が経過しているので部分的に生地が薄くなってしまっていたり、ほつれていることや裏地の色が変色していることがあります。また、当時の女性のサイズに合わせて作られているので、写真と一緒に丁寧な説明を加える必要があり、かなりの手間がかかります。

リサイクルショップ

アンティーク着物の数が少なくなっている現代、同じものを作るのは難しく大変価値がありますが、リサイクルショップには着物の知識のある店員がほとんどいません。昔の着物を理由にほとんど値がつかなかったり、買取ってもらえないことがあります。

インターネットで申し込める着物買取専門店

インターネットの着物買取の専門店は、公式ホームページから申込むだけで、自宅に着物に精通したプロの鑑定士が来て無料で査定してくれるので、重い着物を運ぶ手間もないですし、仕事などで都合の合わない場合は宅配査定も選ぶこともできます。

その時代特有の個性的なアンティーク着物は、現代では再現できないものばかりで希少価値があります。

着物買取専門店は、着物の知識のある鑑定士が経験に基づいて査定してくれるので、アンティーク着物でも安心して任せることができます。サイズが小さいものも仕立て直しができる場合もあり、プロに査定してもらうことで思いがけない高値で取引されることも多いです。

アンティーク着物の買取相場

譲り受けたけれど好みではない、もう着る機会がないと思いながらタンスに保管しているだけでは劣化していくだけなのでもったいないです。人気の高いアンティーク着物を買取してもらう場合の相場についてまとめてみました。

保管状況で価格が大幅に上がる

天然染料は湿気に弱くカビがつきやすいものが多く、他の着物にもカビが移ってしまことがあるので保管の仕方に注意が必要です。また、ウールは虫が好みやすいですが、防虫対策をすることで守ることができます。

アンティーク着物がきれいな状態で保存されていると高値がつくので傷まないうちに、不要な場合は早めに買取りをしてもらうことで価格が大幅に上がります。

実際のアンティーク着物の買取価格は500円~80,000円以上

高度な技術と手間がかかった現代では再生が難しい一点物のアンティーク着物はコレクターも多く大変価値が高いです。
買取価格は保存の状態にもよりますが、アンティーク着物は1,000円~80,000円以上です。

アンティーク着物の買取例は、たとえば下記のようになります。

大正時代の正絹(作家/皆川月華氏作)東京友禅 80,000円~
大正時代の正絹(作家/大羊居氏作)刺繍色留袖 40,000円~
大正時代の正絹、絞り、刺繍の振袖 60,000円~

アンティーク着物を売るなら着物買取の専門店

個性的な色と柄が組み合わされた大胆で鮮やかな大正ロマンや和モダンのアンティーク着物はとても人気があります。

着物買取専門店では、市場での人気についても知識が豊富で、適切な値段をつけてもらえます。当サイトでおすすめしている着物買取専門店は1枚からでも申し込むことができて、すべて無料で査定をしてもらうことができるので安心です。

>>おすすめの着物買取業者ランキングへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
このカテゴリの関連記事