江戸小紋の買取相場について。買取価格はいくらくらい?

江戸小紋は一見すると無地に見えてしまうほど細かく単色で染めた模様の小紋をいいます。 カジュアルからフォーマルまで帯を変えるだけで幅広いシーンで活躍するので重宝しますが、着る機会が減ったから、保管に手間がかかるからなどの理由で売られることも少なくないです。

江戸小紋を売りたい場合にどこで売るのがよいか買取相場はいくらなのかについてまとめました。

>>江戸小紋の買取相場をすぐ見る

江戸小紋とは

江戸小紋は遠くから見ると無地と見間違えるほど細かい模様を単色で、型染めした小紋で感覚的には色無地に近い着物です。
合わせる帯は名古屋帯から袋帯まで締められるので、細かく格のある模様は紋を入れると、袋帯を締めてフォーマルな結婚式の披露宴やパーティー、七五三のお参りに着られ、模様によっては紋を入ないで食事会やデートに名古屋帯でカジュアルに気軽に着れるので重宝します。

江戸時代、贅沢禁止令が出されたことにより、遠めには無地に見える江戸小紋をつくったことで高度な染色技術が発達し、現代においても礼装とされているのは、大名が重要な年中行事に江戸城に登城するときにも着ていたことからとされています。

模様が細かいほど格が上となり、(さめ)通し(とおし)行儀(ぎょうぎ)は江戸小紋を代表し江戸小紋三役と呼ばれます。

大小あられと万筋や千筋などの(しま)文様を加えた江戸小紋五役は、江戸小紋三役についで格があるとされていて紋を入れてフォーマルな場に着て行ける定番の江戸小紋です。

江戸小紋の中でも人気のある鮫文様は、小さな点が並んで描かれ鮫の皮に似ていた模様で模様が小さくなるほど、動く度に光を集めてキラキラと輝きが増します。鮫の肌が硬いことから魔よけ、厄除けとされ着られていました。

斜めに規則正しく並んだ小さな点が特徴的な行儀文様は、クールでスタイリッシュなので現代女性にも受け入れやすい模様で、礼儀作法の礼を尽くすとの意味があります。

通しの中でも細かな正方形が規則的に並べられた伝統的な模様の角通し文様は、筋を通すとの意味を持ちます。このように、江戸小紋三役は意味が込められた着物なのです。

庶民の間にも広まった江戸小紋は、バリエーションが豊富になり幸福や平和、子孫繁栄、円満、豊作など縁起の良い模様が描かれ、昔の人の思いが込めれれています。カジュアルな模様は種類が豊富で、たとえばお餅つきの道具とされる杵(きね)、臼(うす)、お釜、せいろが並べられた模様の江戸小紋でお餅つきに出掛けたり、大根とおろし金の模様の江戸小紋でお食事会など粋な装いが楽しめます。

江戸小紋の買取をしてくれるのはどこ?

着ていない江戸小紋や、譲り受けたけど好みではなくタンスにしまいっぱなしになっている江戸小紋は保管に手間がかかるだけです。今後も着る予定がない江戸小紋を売りたい場合にどこで売るとよいかについてまとめてみました。

ネットオークション

オークションは、写真を何枚も撮ったり詳細な説明が必要となり、ある程度の着物の知識がないと質問に答えることが難しいです。江戸小紋は模様がどのくらい細かいかで価値が決まりますが、落札された後で思ったより柄が大きかった、イメージしていた色目と違うなどトラブルの原因となることもあります。

リサイクルショップ

江戸小紋は小紋の中でも格が高く、価格の差は模様の細かさに「彫り」と「染め」の難易度の高さによりますが、リサイクルショップでは着物の専門家がいないことが多く、高価な江戸小紋の違いがわからず買い取ってもらえなかったり格安になってしまいます。

インターネットで申し込める着物買取専門店

インターネットで申し込める着物買取の専門店は、公式ホームページから無料査定を申し込むだけで、すべて無料で自宅に査定に来てくれたり郵送査定を受けられるので便利でお得です。

「極」とされる細かい模様の文様は、熟練した彫り師が型紙を彫るのに1カ月の手間を掛けることを知っている着物のプロが、すばやく見極めてくれるので古い着物でも驚くような高値が付くことがあります。

江戸小紋の買取相場

譲り受けたけれどサイズが合わない、引越しをするから処分したいなど江戸小紋を買取してもらう場合の相場についてまとめてみました。

保管状況が重要

江戸小紋は白目がありますが、保管状況が悪く黄ばんでいては価値が下がります。衿や袖口、裾はとくに汚れやすいのですが、気が付かずにそのままタンスにしまい込んでいると脱色や変色の原因となってしまうので保管する前にチェックしましょう。

実際の色無地の買取価格は800円~50,000円以上

江戸小紋は年齢、ミス、ミセスを問わず長く着られるうえ、フォーマルからカジュアルな場所に着て行けるので大変重宝し需要があります。サイズの大きいもので未使用のものや模様が細かいものは高値が付きます。人間国宝の作品などは証紙があると専門店によっては思った以上の価格で買い取ってもらえます。

無名の江戸小紋は保存の状態にもよりますが800円から5,000円です。

江戸小紋の買取例は、たとえば下記のようになります。

800,000円の正絹 (江戸小紋師 /藍田正雄)武田菱模様江戸小紋 50,000円~
500,000円の正絹(伊勢型紙:人間国宝/染色:浅野栄一)玉縞江戸小紋 30,000円~
200,000の正絹(人間国宝/小宮康孝)鮫文様江戸小紋 15,000円~

江戸小紋を売るなら着物買取の専門店

インターネットで申し込める買取専門店は、出張費や郵送査定が無料で、着物に精通した査定員に査定してもらえます。しかも、価格に納得がいかない場合はキャンセル料がかからないので安心して申し込めます。

江戸小紋五役の以外もカジュアルに着られ模様が豊富なので人気がありますし、人気の品は高額買取も期待できるので、着ていない江戸小紋があったら無料査定を依頼しましょう。

>>おすすめの着物買取業者ランキングはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
このカテゴリの関連記事