訪問着の買取相場 どこで売るのが得なのか?

あらたまった場所での正装として利用される訪問着。

様々な式事に利用できる着物ではありますが、式典の機会が減ってくると、たんすの奥にしまっているだけになってしまい、もったいないので売りたいという方も少なくないです。

この記事では、訪問着とはどんな着物かや、訪問着の買取相場はいくらくらいなのか、どこで売るのがいいのかなどを調べました。

>>訪問着の買取相場をすぐ見る

訪問着とは

結婚式やパーティーなど、華やかな席や式事で必ず目にする訪問着。「訪問着」とは、西洋の「ヴィジティングドレス」を訳した言葉で、明治時代、現在の三越が命名して発売したことをきっかけに、女性の社交着として日本中に広まりました。

現代では、準礼装の着物として、結婚式や学校行事などの晴れやかな式典、パーティーなどで着用されています。

縫い目で柄が途切れず、肩から袖、裾が一続きになる「絵羽模様(えばもよう)」という絵付けが特徴で、着物を広げると、まるで一枚の大きな絵画のように見えます。

特有の華やかさを持ち、様々な式事に対応できることから、既婚女性なら一枚は持っておきたい着物と言われていて、着物好きの方なら何枚も持っている方も多いです。

なお、似た着物に付け下げがありますが、付け下げは、訪問着のように一枚の絵画に見えるような柄付けはされておらず、一つ一つの柄がすべて上に向くように染めてあるのが特徴です。

訪問着の生地

訪問着の生地の素材は、縮緬(ちりめん)や綸子(りんず)など高級感ある絹織物がほとんどです。

夏場の訪問着は、絽(ろ)や紗(しゃ)のような透け感のある生地を使い、縮緬や綸子の訪問着のような裏地をつけない、単衣(ひとえ)仕立てになっています。

この他にも、紬(つむぎ)の訪問着というのがありますが、これは、戦後、呉服屋さんの拡販のために作られたものだそうで、カジュアルな紬をフォーマルな訪問着の柄付けにした、いわばお洒落着に相当する着物で、礼装として用いることはできません。

訪問着の買取をしてくれるのはどこ?

リサイクルショップや質屋さんなど、訪問着を引き取ってくれる場所はたくさんありますが、中にはその価値が分からず、相場より低い値段をつけてしまうショップもあります。

訪問着は価値の高いものが多く、とくに人気の作家ものなどはかなり高価がつくこともあるので、買い取ってもらうときは、着物の価値を知る専門店に任せたほうが安心です。

>>おすすめの着物買取店はこちらへ

訪問着の買取相場

訪問着の買取相場はいくらくらいなのでしょうか。

買取会社への電話問い合わせや、実際に中古品として売られている訪問着の売値相場から調べてみました。

買取会社に相場を問い合わせ

着物買取会社に訪問着の買取相場を尋ねたところ、「買取価格は固定ではないので、現物を見ないと決めることは出来ません」との回答でした。

「訪問着の買取は、0円になることもあるし、何十万になることもあるんですよ」と教えていただきました。

たとえば、加賀友禅の高名な作家である初代・由水十久の訪問着は、中古品でも何十万~何百万の高額で売買されています。逆に0円になってしまう可能性が高いのが、ポリエステルなど化繊の訪問着とのこと。

また、仕立て直しの難しい丈や裄(ゆき)の短すぎる訪問着も、買取価格は低くなります。

いずれにしても、実際に着物を見てもらわないと買取価格はわからないので、一度実際に買取会社に査定してもらいましょう
査定してもらうときは、訪問着の人気の柄など査定のポイントに詳しい、専門業者に見てもらうのが大切です。

中古品の販売価格を参考に相場を調査

買取相場の参考にするため、実際にリサイクル着物ショップで売られている訪問着の販売価格を調べてみました。

古典柄で状態の良い訪問着は数万円の高値

中古でも高額となる人間国宝品・作家物・伝統工芸品などを除き、普通のリサイクル訪問着は、だいたい4~9万円程度で販売される場合が多いようです。

この価格帯で販売される訪問着は、あまり使用感がなく、オーソドックスな古典柄のものがほとんどです。あらゆる時代・年齢層に対応できる古典柄は、一定の需要があるので、比較的高い値が付けられます。

大手呉服チェーンでセット販売されている訪問着も、状態のいいものでしたら、この価格帯に入るようです。

人気の柄でないものは数千円~

数千円~3万円の価格帯で販売されている訪問着に関しては、その理由は様々で、傷やシミがある場合はもちろんですが、使用感が強いもの、柄が個性的すぎたり時代を感じさせたりするもの、若年層向けや高齢層向けの対象年齢が偏っているものなどがこの価格帯に入ります。

たとえその着物の状態に問題がなくても、需要がなければ、低い値が付けられてしまいます。

訪問着を高く買い取ってもらえるのはどこ?

訪問着買取には様々な基準がありますが、おおまかな相場として、人間国宝品・作家物・伝統工芸品が数万~数十万、普通の訪問着が数千円~数万円と考えられます。

しかし、実際の買取金額は、着物の状態や需要などによって異なり、プロの目で査定してもらわないと分かりません。

具体的な買取価格が知りたい場合は、無料査定を行ってくれる着物買取会社に問い合わせて、見積もりを出してもらいましょう

着物買取専門店では、無銘の訪問着一点でも無料でプロの査定員に査定してもらえます。

>>おすすめの着物買取店はこちらへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
このカテゴリの関連記事