色無地の買取相場について。どこで売るのが得?

色無地は柄がない一色の黒以外の着物のことを指します。年齢やミス、ミセスに関係なく着られ一枚持っていると幅広いシーンで活躍してくれるのが魅力なのですが、引越しをするから、嫁入り道具だけど着る機会がないなどの理由で売られることも少なくないです。

色無地を売りたい場合にどこで売るのがよいか買取相場はいくらなのかについてまとめました。

>>色無地の買取相場を今すぐ見る

色無地とは

色無地は柄がない黒以外の単色の着物で、正絹から化繊までさまざまな素材でつくられたものがあります。地紋と呼ばれる布地自体に柄を入れていることも多いです。

色無地に合わせる帯は名古屋帯から袋帯まで締められるので、紋を入れると格が上がり袋帯でフォーマルな結婚式の披露宴や入学式の付き添い、お茶会で着られ、紋を入れないと食事会やショッピングに名古屋帯でカジュアルに着れるので重宝します。

礼装は訪問着や留袖などといった種類よりもまず、紋の数で格が変わります。

紋は一つ紋(背中心に紋)、三つ紋(背中心と両後ろ袖に紋)、五つ紋(背中心と両後ろ袖と両胸に紋)があり、五つ紋は一番格調が高くなるので色無地に五つ紋を付けると結婚式にも着れますが、留袖を着ることが多いことや他に着て行けるシーンが限定されるので五つ紋の色無地はあまりつくりません。三つ紋も同じ理由で一般的には活用の幅の広い一つ紋を入れて着ます。

生地を織ってつくる模様を地紋といいますが、色無地の種類として地紋のある着物と地紋のない着物があり地紋の模様によって慶弔両方、慶事向き・弔事向きとなります。

地紋のない一越縮緬(ひとこしちりめん)や古代縮緬などの色無地は、さまざまなシーンで活躍し、灰色や藍色といった落ち着いた色目のものは法事の場面でも着て行くことができます。地紋のある綸子(りんず)や紋意匠(もんいしょう)は文様によって結婚式の披露宴で着れるものと法事の場など着れるものに分かれます。

たとえば流水が流れる模様の流水文は日本古来の伝統柄なので慶弔両方に使え、はじめの1枚につくることも多いです。鶴、亀、松竹梅などの吉祥文様はおめでたい柄なので慶事に着ますが弔事向きではありません。

裏地を付けた袷(あわせ)は10月から5月まで長く着られ、裏地のない単(ひとえ)は6月と9月に、うすものと呼ばれる夏の素材でつくられた色無地があります。

色無地の買取をしてくれるのはどこ?

着る機会のなくなった色無地や不要となった色無地は、自宅に置いていても保管スペースや管理が大変です。今後も着る予定がない色無地を売りたい場合にどこで売るとよいかについてまとめてみました。

ネットオークション

インターネットで誰でも手軽に参加できるオークションは、じつは慣れていないと手間が掛かります。商品の説明を考えたり画像を載せる必要があるうえ、いつ落札されるかもわかりません。高値で売りたいと思うとさらに時間がかかったあげくに売れないこともあり時間のロスになってしまいます。
また柄のない色無地を選ぶときのポイントは、肌が明るく見えるなど色と顔映りのバランスです。インターネットの写真は、蛍光灯の明るさや生地の光沢によって色がイメージと違って見えることがあるので、売れても実物を見た後でキャンセルされてしまうことがあります。

リサイクルショップ

色無地は一つ紋を入れることが多く、紋の有無にかかわらず需要があるので本来は売れるのですが、リサイクルショップには着物の知識のある店員がほとんどいません。紋が入っていることを理由に買い取ってもらえないことや価格がかなり安くなってしまいます。

インターネットで申し込める着物買取専門店

インターネットで申し込める着物買取の専門店は、着物のプロに無料で査定をしてもらえるうえ、自宅で申し込むだけなので簡単で便利です。手間がかからず売りたい時にメールで申し込むだけで、無料でスピーディーに着物の鑑定士が査定しに自宅に来てくれたり、郵送で査定してくれます。紋が入っている色無地でも買取ってくれ、査定結果によっては予想外に高値が付くこともあります。

色無地の買取相場

譲り受けたけれどサイズが合わなかったり、タンスにしまい込んだままの着る機会のない色無地を買取してもらう場合の相場についてまとめてみました。

シミの有無

色無地は柄がないのでシミがあると目立ちます。食べ物や化粧品のシミは色目によっては気が付かないので、そのままタンスの中で変色してしまうことも少なくありません。シミの他にも保管状態が良くないと価値のある色無地だったとしても売値が下がってしまいます。

紋の有無と化繊

色無地は一つ紋を入れることが一般的ですが、紋が入っていても友人の結婚パーティーやお茶会など着られる場面が多く売りやすい着物です。柄のある着物ではないので流行に左右されず、価格が安定していて化繊も夏物は汗をかくので安心して着れる色無地として人気があり、高値は難しいですが買取ってもらえることも少なくないです。

実際の色無地の買取価格は500円~50,000円以上

色無地は1枚持っていると便利なことから市場で人気が高く、サイズが大きく未使用のものや使用回数の少ない色無地は高く買い取ってもらえます。人間国宝や伝統工芸品は証紙などがあると高値が付きやすく、専門店によっては、希少価値があると認められると驚くほどの価格が付くこともあります。無名の色無地は保存の状態にもよりますが500円から5,000円です。

色無地の買取例は、たとえば下記のようになります。

980,000円の正絹 (人間国宝/久保田一竹)辻が花染 50,000円~
800,000円の牛首紬(石川県無形文化財/白山工房)くろゆり染 30,000円~
500,000の正絹(石川県無形文化財、加賀友禅作家/柿本市郎)加賀友禅 10,000円~

色無地を売るなら着物買取の専門店

インターネットで申し込める専門店の査定は、無料で着物のプロの鑑定士が自宅に出張に来てくれたり、宅配で送って査定してもらえるので便利ですし、思った以上に高値が付くこともあります。

色無地は人気商品で買い手もつきやすいので、不要になった色無地は必ず、着物買取専門店の査定に出すのがおすすめです。

>>おすすめの着物買取業者ランキングはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
このカテゴリの関連記事