上布の買取相場 高価買取してくれるのはどんな店か

上布は、麻の織りの着物で、さらりと軽く着心地が良い夏の着物です。

譲り受けたけれどサイズが合わない、着る機会がなくなってタンスにしまいっぱなしだけど保管に手間がかかるなどの理由から売られることも少なくないです。上布を売りたい場合にどこで売るのがよいか買取相場はいくらなのかについてまとめました。

>>上布の買取相場をすぐ見る

上布とは

上布は上等の布という意味で、上質の糸を使い産地独特の技法で織った薄手で軽い麻の着物です。

高度な技術と手間がかかるためとても高価ですが、インフォーマルのものとされているので名古屋帯と合わせて、観劇やショッピング、デートなどプライベートの場面で幅広く活躍する夏の着物です。

越後上布、宮古上布、八重山上布などが有名です。

越後上布は、新潟県南魚沼市、小千谷市を中心に生産され重要無形文化財に指定されている平織の麻織物です。歴史は古く、江戸時代には、幕府へも上納され夏の着物として着られていました。

雪の上にさらし漂白するという雪国ならではの技を取り入れ大変手間の掛かる織物ですが、軽く着心地が良く通気性に優れ最高級の夏の着物とされています。

宮古上布は、苧麻(ちょま)と呼ばれるイラクサ科の繊維を糸にした織物で15世紀頃から織られ、重要無形文化財の指定を受けています。

丈夫にするために一反分の糸をつくるのに3ヶ月以上の手間をかけ、さらに織りあがったものを砧(きぬた)打ちという木づちで布がなめらかになるまで、まんべんなく繰り返すことで生地に光沢が出ます。風通しがよく軽やかで涼しいため、汗でベタベタすることがなく着心地が良いと評判です。

八重山上布の正確な起源は不明ですが、苧麻(からむし)を原料とする白地を基調とした丈夫な織物です。
南国の太陽の日にさらすことで深みのある色を出し、その後に海水にさらすことによって文様は鮮やかになり、地色は白くさらされ色止めがされます。通気性に富み着心地が良いのが特徴です。

上布の買取をしてくれるのはどこ?

着る機会の減ってしまった上布や、引越し先で保管ができないけれどもったいなくて捨てられない上布は、買い取ってもらいましょう。今後も着る予定がない上布を売りたい場合にどこで売るとよいかについてまとめてみました。

ネットオークション

上布は希少価値がありネットオークションでも高額で取引されていますが、オークション実績がないと商品価値があっても信用がないため高値がつかないことがあります。また素材の性質上、色に濃淡ができることも多いのですが落札者によっては、トラブルになってしまうことがあります。

リサイクルショップ

リサイクルショップには、着物の知識のある店員がほとんどいません。上布の価値がわからないと相場を知らないので買取ってもらえないこともあります。また、夏の着物と伝えてしまうと、持ち込む時期によっては、季節からズレているのを理由に大幅に安くなってしまうこともあります。

インターネットで申し込める着物買取専門店

インターネットで申し込める着物買取の専門店は、無料で、着物に精通した査定員に鑑定してもらえます。査定を出張サービス宅配査定かを選ぶことができ、どちらも無料なので安心です。

生産量が少なく希少価値があるので夏の憧れの着物とされ、もともと高値が付きやすいのですが、着物買取専門店ならさらに満足のいく価格をつけてくれることも多くおすすめです。

上布の買取相場

上布はシワになりやすいから買ったけどほとんど着ていない、譲り受けたけれどサイズが合わないなどの理由でタンスにしまい込んだままの上布は、保管の仕方によっては劣化してしまうことがあります。

着ない上布を買取してもらう場合の相場や高価買取の条件についてまとめました。

高価買取の条件

越後上布や宮古上布などの高級品、有名作家ものは当然ながら高価買取となります。

また、重要なのが、保管状況による上布の品質状況です。

汗ジミは長期間にわたって放置しておくと落ちなくなり、白地の上布の場合は色を染め変えないとシミが目立ってしまいます。大切にしていても、すれた部分が白っぽく色あせたり、保管状況によってはカビがついてしまって希少価値のある上布の買値がかなり下がってしまいます。

実際の上布の買取価格は3,000円~300,000円以上

上布は、夏の暑さの中で快適に着られるので着物通にとっては憧れの薄物とされています。

現在は、手間と時間がかかり高度な技術が必要なことから生産量が激減していて、サイズの大きいもので未使用のものや使用回数の少ないものはとても人気があります。

中でも重要無形文化財に指定されている越後上布や宮古上布は証紙などがあると驚きのの価格で買い取ってもらえます。

一般的な上布は保存の状態にもよりますが3,000から10,000円です。

上布の買取例は、たとえば下記のようになります。

3,000,000円の苧麻(新垣幸子織物工房)八重山上布 300,000円~
2,700,000円の芋麻(作家/新里玲子)宮古上布 250,000円~
2,500,000円の苧麻 越後上布 200,000円~

上布を売るなら着物買取の専門店

インターネットで申し込める専門店の査定は、すべて無料で自宅に鑑定士が来てくれたり、宅配で送れるので手間がかかりません。

着物の専門的な知識がなくてもプロがしっかりと見極め説明をしてくれるので安心です。

上布は長い歴史を持ち、とても価値のある着物です。着ていない上布があったら気軽に査定を申し込みましょう。

>>おすすめの着物買取業者ランキングへ

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
このカテゴリの関連記事