伝統工芸品の着物の買取相場-各種工芸品の買取例一覧

着物には、全国各地で伝統工芸品に指定されているものがいくつも種類があります。譲り受けた伝統工芸品の着物はなかなか処分しづらいものですが、着ることもなくただ保管しておくだけでは劣化してしまい、価値がなくなってしまいます。

伝統工芸品の着物を売りたい場合は、どこで売るのがよいか、買取相場はいくらなのかについてまとめました。

>>伝統工芸品の着物の買取相場をすぐ見る

伝統工芸品とは

着物は日本に古くから伝わる民族衣装で、日本独自の文化です。全国各地でさまざまな伝統的な技法を凝らして、染め物や織り物として発展してきました。

伝統工芸品とは国や地方自治体により指定されるもので、高度な技術と経験があって昔から伝わる、その地域の名産品をいいます。

着物の中にはたくさんの伝統工芸品があるのですが、とくに有名なのは紬、友禅、上布の各種です。

紬は普段着とされていて、結城紬大島紬塩沢紬などが有名で産地によって特徴があります。

二千年の歴史を持つ結城紬は茨城県と栃木県が主な産地で、奈良時代に朝廷に納めていたという長い歴史を持ち日本最古の絹織物とされています。黒色や藍色などの落ち着いた色目が多いのが特徴で、模様が小さくなればなるほど作るのが難しく高価になります。

大島紬は鹿児島県奄美大島が産地で、光沢があり軽くシワになりにくいので初心者でも安心して着られます。染め方の中でも泥染めは深みのある黒褐色はファンが多いです。

新潟県南魚沼市の塩沢紬はとても細かい模様と薄手でやわらかいのが特徴とされています。

友禅

友禅には東京友禅、加賀友禅、京友禅があります。東京友禅は一人の職人が下絵から仕上げまでこなし粋なデザインが人気です。

京友禅は基本的には分業ですが、松井青々や数名はすべての工程を一人で行うことで知られています。はんなりと華やかで金箔や刺繍が使われることが多いです。

加賀友禅は一人の職人がほとんどの工程をこなすことから作家と呼ばれ藍、えんじ、黄土、草、古代紫の古典色調を使い鮮やかなのが特徴です。

上布

上布は上等な麻織物で暑い夏にさらりと着られるのが魅力で、全国で生産されていますが、新潟越後地方の越後上布と沖縄県宮古島の宮古上布、滋賀県の近江上布は中でも織物通の憧れです。

着物はオーダーメイドで作られているので売るときに値が大幅に下がるのが一般的ですが、伝統工芸品は希少価値があるので高く売れることが多いです。着物コレクターは日本のみならず海外でも、芸術的な繊細な模様は人気が高く需要があります。

伝統工芸品の着物をどこに売る?

着物を売りたい場合、リサイクルショップやオークション、買取専門店に売る方法があります。

どういうところで売るのが一番良いのか比較してみました。

ネットオークション

オークションで着物を買う人はお得な掘り出し物を探しています。

はじめての一枚として練習用にしたり、とにかく色んな着物が欲しいからオークションで買う人がほとんどです。いくら人気のある友禅の訪問着でも格安で落札されたり、はじめに高値をつけると買い手が現れず販売期間が終了してしまうこともあります。

リサイクルショップ

リサイクルショップでは正絹以外は買い取ってもらえないことが多く、自宅の近くにリサイクルショップがない場合は探して持って行くのに手間がかかります。

伝統工芸品の着物を知らなかったり、他にリサイクルショップがないとほとんどタダのような価格をつけられて損をしかねません。

インターネットで申し込める着物買取専門店

インターネットの着物買取の専門店は、着物の査定を専門にしているプロに見てもらえるにもかかわらず、簡単な手続き、自宅に出張で来てもらうのも宅配査定もすべて無料なので安心です。

目の前で査定の様子が見れたり、梱包して送った結果を聞くだけです。上布の中でも高値がつきやすいものを判断してくれたり思い入れのあるものを満足する価格で売ることができるし、納得できないときはキャンセル料もかかりません。

伝統工芸品の買取相場

友禅の振袖があるけれど年齢的に合わなくなったなど、高価な伝統工芸品の着物でも着なくなり、処分を考えることは少なくないです。不要になったけど捨てられない伝統工芸品を買取してもらう場合の相場についてまとめてみました。

証紙がないと価格が下がる

伝統工芸品の着物には、経済産業大臣指定伝統的工芸品の認定を受けた証紙が貼ってあるのが特徴です。どこのどのような作品か産地がしっかりと明記されているのでやはり証紙があるのとないのでは価格に差がついてしまいます。
保存状態も大切で、たとえ有名な作家の作品でもシミや虫食い、湿気に弱いものはカビが繁殖しやすく、きれいなうちに売らないと価格が大幅にダウンします。

実際の伝統工芸品の買取価格は5,000円~250,000円以上

紬や上布は高度な技術と手間がかかっているうえ、欲しい人が多いので高値の買取が期待できます。サイズや状態にもより価格は変わりますが、無名の伝統工芸品で5,000円以上です。

伝統工芸品の買取例は、たとえば下記のようになります。

5,400,000円の正絹(由水十久作)加賀友禅訪問着 550,000円~
4,000,000円の正絹(城間栄順作)琉球紅型振袖 450,000円~
2,600,000円の苧麻(新里玲子作)宮古上布小紋 260,000円~
1,800,000円の正絹(羽田登喜男作)京友禅訪問着 180,000円~
1,800,000円の苧麻(中村澄子作)八重山上布小紋 200,000円~
1,000,000円の正絹(伊藤嘉秋作)結城紬小紋 150,000円~
900,000円の正絹(鷲見時子作)郡上紬小紋 90,000円~
900,000円の正絹(大羊居作)東京友禅訪問着 80,000円~

伝統工芸品の着物を売るなら着物買取の専門店

伝統工芸品は大変に価値が高い着物なので、きちんと価値を理解して査定してくれるプロの査定員に見せるのが大変重要です。

当サイトでおすすめしている着物買取店は、着物のプロの査定員に無料で査定してもらえる上、手続きもすごく簡単で一枚からでも査定してもらえるので、初めて着物を売る方でも安心して利用できると思います。

>>おすすめの着物買取業者ランキングへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
このカテゴリの関連記事