銘仙の買取相場 伊勢崎銘仙などの買取例紹介

銘仙(めいせん)は、大正から昭和にかけて女性の普段着やお洒落着として日本全国で着られた平織りの絹の着物です。

可愛らしい柄の銘仙は年齢的に気がひけてもう着れない、譲り受けたサイズの合わない銘仙を捨てるのはもったいないなどの理由で売られることも少なくないです。

銘仙を売りたい場合にどこで売るのがよいか、買取相場はいくらなのかについてまとめました。

>>銘仙の買取相場をすぐ見る

銘仙とは

銘仙は、縦糸と横糸を交互に組み合わせて織る絹織物で、柄のバリエーションが豊富な光沢のある着物です。

銘仙はもともと、糸を紡績するときに出るくずなどで養蚕農家の自家用につくっていたものでした。

天保の改革の倹約令によって贅沢が禁止された当時の人々は、質素なものを着る素材として大流行しました。明治に入ると縞柄が織られ大正に入ると絣柄の絣銘仙がつくられ、西洋の文化が取り入れられるようになり昭和30年頃まで普段着、お洒落着として着られていました。

昭和30年頃にウールが普及し昭和40年頃には銘仙は見られなくなりましたが、最近になり大正ロマンを感じさせるノスタルジックな柄が、若い女性を中心に人気が出ています。

普段着とされているのでフォーマルな場所には着て行けませんが、観劇やコンサート、女子会などのカジュアルで華やかな場所に着て行くのに向いています。

銘仙の有名な産地として足利、伊勢崎、秩父などがあります。

足利銘仙は、解し絣(ほぐしかすり)という技法でつくられたものが多く大量生産を行い、斬新で洗練されたデザインがお手頃価格で全国で人気が出ました。

伊勢崎銘仙は、併用絣という他にはない独自の技法で縦糸、横糸両方を染め柄を合わせながら手機(てばた)で織り上げることで模様がはっきりと表現されます。

秩父銘仙は、国の伝統的工芸品に指定され、ほぐし織りという技法で織られ裏表がないので表が色あせたら裏地で仕立て直しができるのが特徴です。花や草木がモチーフとされ大柄で鮮やかなデザインがモダンで人気があります。

銘仙の柄は、庶民の流行が取り入れられることも多く王冠と指輪の柄や帆船模など自由な発想のデザインは従来の着物のイメージを変え、ご年配の方は懐かしく若い方には新鮮にうつり洋服に似た感覚でお洒落を楽しめるのが魅力です。

銘仙の買取をしてくれるのはどこ?

着る機会のなくなった不要な銘仙や、ゆずり受けたけれど好みではなくタンスにしまいっぱなしになっている銘仙は保管の手間やスペースを取ってしまうだけです。

今後も着る予定がない銘仙を売りたい場合にどこで売るとよいかについてまとめてみました。

ネットオークション

オークションは顔の見えない取引です。戦前の銘仙は保管に気を付けているつもりでも色あせやシミがあることも多いです。
状態の良し悪しは人によって感覚が違うので、落札された後に銘仙独特の光沢がない、シミの説明が不足しているなどとトラブルになってしまうこともあります。

リサイクルショップ

銘仙は、大正ロマン、モダン、鮮やかで斬新と最近とても人気の高い着物ですが、リサイクルショップには着物の知識のある店員がほとんどいません。

古典柄だけが価値のある着物だと判断されてしまうと、国の伝統的工芸品に指定されていても買い取ってもらえないこともあります。

インターネットで申し込める着物買取専門店

インターネットの着物買取の専門店は、公式ホームページから無料査定を申込むだけです。無料の出張査定サービスは自宅に着物のプロが査定しに来てくれたり、仕事で留守がちな場合には、郵送査定も無料で申し込めます。

銘仙は花や風景だけではなく食べ物や乗り物など従来には見られなかったモチーフを柄にしたので楽しい柄や可愛い柄、珍しい柄など現在再現をするのが難しい希少価値を持っているものなど驚くような高値を付けてくれることもあります。

風変わりな銘仙を持っている人ほど着物買取専門店はおすすめです。

銘仙の買取相場

譲り受けたけれど自分に合わない、着る機会がなくこの先も着ることがない、と思いながらタンスに保管しているだけではもったいないです。銘仙を買取してもらうときのポイントや相場についてまとめました。

価格を左右する要件

大量生産品の古い銘仙の中には、絹ではなく絹に似せて作った再生繊維の生地があり、弱く破れやすいものや水で色落ち、色移りすることがあります。

雨の日に着た後のお手入れを忘れて保管してしまうと作家ものの銘仙でも買取価格が大幅に下がってしまうことがあります。

実際の銘仙の買取価格は500円~20,000円以上

銘仙は伝統柄だけではなく、モダン、ポップなどカラフルな色使いや柄で楽しませてくれるものが多く、ショッピング、お食事会、デートなどに洋服感覚で着て行けます。サイズの大きいもので使用回数の少ない銘仙は高値がつきやすいです。

伊勢崎銘仙は染色・製織ともに高度な技術と手間がかかる織物なので安価な銘仙の中では高価とされ、証紙などがあると専門店によっては思った以上の価格で買い取ってもらえます。

無名の銘仙は保存の状態にもよりますが500円から3,000円です。

銘仙の買取例は、たとえば下記のようになります。

200,000円の絹(伝統工芸作家/木島一雄)伊勢崎銘仙 20,000円~
85,000円の絹(逸見織物)秩父銘仙 8,000円~
100,000円の絹(伊織作)の足利銘仙 8,000円~

銘仙を売るなら着物買取の専門店

インターネットで申し込める着物買取の専門店は、すべて無料で自宅に鑑定士が来てくれたり、宅配査定の場合も送料がかからず無料で査定してもらえて便利です。

戦前の銘仙はモダンな柄が多く現在は、店頭に並ぶことはほとんどなくとても貴重で人気が高いです。着ていない銘仙があったら気軽に査定を申し込みましょう。

>>おすすめの着物買取業者ランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
このカテゴリの関連記事