喪服の買取相場 買取ってくれるのはどんな店?

かつて喪服は嫁入り道具のタンスに入れて持たせたものですが、現代では葬儀社などでレンタルを用意しているところも多く、不要になることも多いです。洋装にすることもできるので、祖母や母の喪服を売りたいというケースは少なくありません。

喪服を売りたいと思ったときはどこに売れば良いのか、相場や高価買取のコツなどをまとめました。

>>喪服の買取相場をすぐ見る

喪服とは

喪服とは喪中またはその行事に着用する儀礼服の総称です。第一礼装に位置付けられていて、五つ紋が最高の格式です。黒または白一色で柄は全くないため、染めと生地の優劣がはっきりとわかってしまう着物でもあります。

法事などでグレーなどの無地に黒の帯をしている姿を見ますが、黒以外の着物はグレーであっても喪服ではなく、「色無地(いろむじ。「色喪服」と呼ぶ地域もある)」という準礼装にあたります。

参考: 色無地の買取相場

喪服にあわせる小物

喪服は帯や帯締め、帯揚げ、草履と、黒(白)一色で揃えます。帯どめや根付などは付けません。

帯や帯揚げにも夏冬それぞれ素材が違いますが、表面と裏面で夏冬締められるような帯など、兼用できるものも増えてきています。

喪服の紋

女性の喪服の紋は、嫁ぎ先の紋、実家の紋、または母方の紋を代々継承するなど、諸説あり、かつて女性の地位が相対的に低く、女紋に対する意識も低かったためです。

紋つきの着物は買い取ってもらえない店もあるのですが、後述のように、喪服でも取り扱ってくれる専門店もあります。

喪服を売るならどこがいい?

喪服はどこでも売れるものではなく、買取NGということも少なくありません。

売りたいと思ったときはどこに売るのが良いのか、調べてみました。

リサイクルショップ

着物の買取をしているリサイクルショップでも喪服は引き取りを断るお店が多いです。喪服には紋が付いているので、オーダーメイド品として扱われるためです。リサイクル着物店も同様です。

ネットオークション

ネットオークションにも実際に相当数が出品されています。サイズや状態の注意書きが細かく記載されていることから、いろいろ手間がかかる上に、クレームが多いことが想像できます。

喪服に必要な紋の記載がないものが多く、質問にある程度答えられるぐらいの知識がないと落札にはつながりにくいです。

着物買取専門店

上記の他に着物買取専門店があります。売る側が荷造りをしなくても済む出張買取を中心に、宅配買取も行っています。インターネットから手軽に申し込めるのでとても便利です。

着物買取専門店は、国内はもちろん海外にも広い販路を持っていて、喪服も買い取ってくれる店があり、実際ホームページにも喪服も査定対象と記載されています。

専門店では、着物のプロの査定員に専門知識で査定してもらえて、きちんと価値を値段に反映してもらえるのが魅力です。

喪服の買取相場について

喪服の買取金額は実際いくらぐらいなのでしょうか。また、査定するときのポイントなどがあるのかどうか、調べてまとめてみました。

買取金額がアップするポイント

まず第一に、シミや変色がないことです。

とくに喪服は着る機会が少ないわりに天候や場所を選ぶことができないので、袖口のカビや裾の泥はねがシミになりやすいうえに、黒は濃色の中でも最も色褪せしやすく、経年劣化により全体的に色あせてきます。これらが極力少ない喪服が高評価につながります。

また、大手百貨店や老舗呉服店で購入した喪服はそれだけで品質の保証になるので、証紙などはぜひ探しておきましょう。

実際の買取価格は300円から1,000円以上

喪服は古いものが多かったり、状態の良いものが少なかったりと、他の着物と比べて高額になりにくく、300円から1,000円が相場です。

実際の買取例は下記のようになります。

 

69,000円の正絹喪服(一越縮緬・袷・仕付けあり) 1,700円~
30,000円の正絹喪服(袷・ほぼ未使用) 1,000円~
30,000円の正絹喪服(袷・状態良) 700円~

喪服を買い取ってくれるおすすめ店

喪服はどうしても色の劣化やシミの補正が必要になるため、なかなか高額にはなりません。状態が良いものは1,000円を超える場合もありますが、販路不足から喪服自体を扱っていない買取店もあります。

当サイトでおすすめしている買取専門店は、喪服や小物類も査定対象なので、喪服を売りたい場合はこちらをぜひ参考にしてください。>>おすすめの着物買取業者ランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
このカテゴリの関連記事