お召しとはどんな着物かや買取相場について

お召しは御召縮緬(おめしちりめん)の略で織の生地の中で最高ランクの着物とされています。着る機会がなくなったり、いただいたけどサイズが合わないなどのお召しは売られることも少なくないです。お召しを売りたい場合にどこで売るのがよいか買取相場はいくらなのかについてまとめました。

>>お召しの買取相場をすぐ見る

お召しとは

絹100%の生地のことを正絹といい、正絹は着物の素材の中で最上級です。素材は同じ絹を使っていても、糸の撚り(より)方によって、縮緬(ちりめん)、羽二重(はぶたえ)、お召し(おめし)、紬(つむぎ)などに分けられます。

この中でお召しは御召縮緬(おめしちりめん)とも呼ばれ、縮緬に手法を加えて作られた絹織物で、織りの中では最高級品です。縦糸と緯糸ともに撚り(より)をかけて糊付し、織り上げたあとに、湯につけると表面が凹凸した美しいシボができるのが特徴です。張りがあるため着やすく、着崩れしにくく、しわになりにくいのも御召の特徴です。

江戸時代に第11代将軍の徳川家斉が好んでお召しになっていたことから「お召し」となったとも言われ、大正から昭和にかけて大流行しました。

通常、織りの着物はカジュアルとされていますが、お召しは別格でフォーマルな場とされるパーティーからおしゃれ着としてカフェやショッピングまで帯を袋帯から名古屋帯にするだけで着て行くことができ重宝します。

お召は種類が豊富で、紋を入れて友人の結婚式の披露宴やお茶会に来て行くことのできる無地お召し、ハイカラさんのイメージで卒業式の袴に合わせる定番の絣お召し、お出掛けやお稽古事に着て行くクールな雰囲気のある縞お召しなどさまざまです。

10月から5月までの裏地のある袷(あわせ)と6月と9月の裏地のない単(ひとえ)、夏物とされるうすものがあり、お召しは裾さばきが良く動きやすいので単も人気があります。

産地はお召しの中でも最高級とされる風通お召の桐生、京都の西陣、新潟県十日町、山形県米沢が有名です。

お召しの買取をしてくれるのはどこ?

大切にしていたけど着る機会がない着物は、保管しているだけでも手間とスペースが掛かってしまいます。捨てるのはもったいないし誰かに有効活用してもらえたらと不要なお召しを売りたい場合にどこで売るとよいかについてまとめました。

ネットオークション

ネットオークションは出品に利用料が発生することがあります。出品するには商品の写真を撮影し、状態や種類、素材、寸法などを細かく記載します。
自分で落札金額を設定できるのはメリットですが、商品が落札されても顔の見えない個人同士の取引はトラブルが起こると、自分で対応しなくてはいけません。

特に着物は知識がないと質問がきた場合に返答ができないので、着物の知識が全くない方、初心者にはおすすめしません。

リサイクルショップ

自宅の近くにショップがなかったり、着物は専門的な知識が必要なので扱っていないことも多いです。着物を取り扱っている場合でも、着物に詳しいスタッフがいるわけではないので、いくら素材が良く、高級ブランドでもその価値がわからず、保存状態だけで判断されてしまいやすいです。

自宅から離れた店舗に持ち込むとガソリン代や交通費、時間が掛かってしまううえ一般にリサイクルショップでは着物の買取価格は安く設定されています。

インターネットで申し込める着物買取専門店

住んでいる地域に関係なく全国どこからでも利用できるインターネットの着物買取専門店もあり、手間が掛かりません。自宅に来てくれるのに出張手数料は取られず、宅配で送っても郵送の送料が不要で全て無料で行っている専門店もあり、安心で気軽に申し込みができます。しかも着物のプロがていねいに査定してくれるので、譲り受けた着物が有名作家の作品と判明し高値が付くこともあります。

しかも無名のお召しでも販売店舗を構えない専門店は、コストが抑えられるため高額買取をしてもらえることもあり人気です。

お召しの買取相場

いただき物でサイズが合わなかったり不要になったお召しを買取してもらう場合の相場や高価買取のポイントについてまとめました。

お召しは縮まず保管できているかが大切

お召しは水に弱い生地なので水に当たった部分の生地は収縮してしまいます。食事や雨や汗などが原因で水を吸って縮んでしまったのに気が付かないでタンスにしまい込んだり保管の仕方によっては湿気を吸ってしまうので再生させるには湯のしという加工をして伸ばさなくてはいけません。価値のあるお召しでも縮んでいると買値が下がってしまいます。

実際のお召しの買取価格は500円~100,000円以上

お召しは160㎝以上の大きめのサイズ、状態が良いもので人間国宝や有名作家の証紙があると高値が付きやすいです。また、お召しの産地や柄によっても価格が違ってきます。

無名のものでは、500円~1,000円程度になることも少なくないですが、経済産業省指定伝統的工芸品であることや着物ファンのお洒落な方にお召しは人気が高いので商品によっては驚きの値が付くことがあります。

お召しの買取例は、たとえば下記のようになります。

2,400,000円の正絹(人間国宝/北村武資 )経錦紬お召し 100,000円~
580,000円の正絹(伝統工芸士/小松 紀夫)白鷹お召し 30,000円~
300,000円の正絹(織物作家/高尾弘)西陣織お召し 8,000円~

着物を売るなら着物買取の専門店

着物は高額な買い物なうえ、譲り受けた年代物は希少価値を持っていたりなど、どこで売るかで数万円も損をしてしまう可能性もあります。インターネットで申し込める専門店の査定は、気軽で手間がかからず、いっさい無料で査定してもらえます。

お召しのようにメジャーでない着物は特に、着物に精通した専門店で査定してもらうようにしましょう。

>>おすすめの着物買取業者ランキングはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
このカテゴリの関連記事