更紗の買取相場 どんな店で売ればいい?

更紗は、人物、鳥獣、植物などの模様を手描きや型で染めたもので生地は主に正絹と木綿です。

更紗を売りたい場合にどこで売るのがよいか、買取相場はいくらなのかについてまとめました。

>>更紗の買取相場をすぐ見る

更紗とは

更紗は、インドから伝わり木綿や正絹に人物、鳥獣、植物、幾何学などの模様をさまざまな色を使い手描きや型染めにした布です。

インドで生まれた更紗は世界に広がり日本に伝わったのは室町時代で、木綿のみだった更紗が正絹にも染められるようになったのは大正時代末期頃です。

その後、地域ごとに特徴のある更紗が生み出されました。江戸更紗、京更紗、堺更紗、天草更紗、長崎更紗、出雲更紗などが代表的です。

江戸更紗は、木綿の栽培が始まった江戸時代末期に作られるようになりました。型染めにより、大量生産が可能になったことで裕福な町人の間で大流行しました。
異国情緒を漂わせる柄は、江戸の硬水で作ることで渋味を深め、30枚から300枚の型紙を使用し繊細に描かれる江戸更紗は、根気と高度な技術が必要とされています。

京更紗は、江戸更紗と対称的に軟水によって鮮やかな色使いに仕上がります。型紙を使って染色され、インド更紗を思い出させる模様の中に洗練された和を感じます。

更紗は、エキゾチックな柄が特徴的でカジュアルなお洒落着とされています。パーティーや食事会、デート、観劇などに着て行くことができますが、結婚式の披露宴や卒業式には相応しくないとされています。

華やかな色と独特な柄は、決して若い方だけの着物ではなく帯との調和でご年配の方も上品に着こなすことができ年齢にこだわらず長く着れるのも更紗の魅力です。

更紗の買取をしてくれるのはどこ?

着る機会のなくなった不要な更紗や、いただいたけどサイズが合わずタンスにしまいっぱなしになっている更紗は保管しておいても場所を取り劣化してしまうだけです。

今後も着る予定がない更紗を売りたい場合にどこで売るとよいかについてまとめました。

ネットオークション

自分で写真を撮り、オークションサイトに出す方法もあります。

更紗は、多くの型紙を使って丁寧に染め上げることにより立体的に見せて、色に深みを感じさせますが、パソコンの画面で更紗の技法を表現するのは難しいので、その良さを伝えにくく、高価な更紗でも安い価格で落札されてしまいがちです。

リサイクルショップ

更紗は多くの色を使い染めようとすると、たくさんの型紙が必要になり手間と時間がかかりますが、生地は木綿で、専門家でないリサイクルショップの店員では、なかなか価値を見分けづらく、高値を付けてもらえません。

正絹でないからと、安く見積もられてしまう可能性ら高いです。

インターネットで申し込める着物買取専門店

インターネットの着物買取の専門店は、公式ホームページから無料査定を申込むだけです。

自宅に着物の鑑定士が来て査定してくれるので重い着物を運ぶ手間もなく、仕事などで都合の合わない場合は郵送査定もできます。年代物は高度な技術と手間が用いられたものが多いのですが、更紗の見極めには知識が必要です。

着物買取専門店は、着物の知識のある鑑定士が経験に基づいて査定してくれるので安心して任せることができます。

古い更紗や変わり柄の更紗を持っている場合には価値のわかるプロに査定してもらうことで、高額で買取ってもらえることが多いです。

更紗の買取相場

譲り受けたけれど色が好みではない、保管に手間がかかるので整理したいと思ったら状態の良いうちに買取をしてもらうと高値がつきやすいです。更紗を買取してもらう場合の相場や、買取価格の決定要素についてまとめました。

保管状況で価格が大幅に下がる

木綿で作られている更紗は、やわらかく肌触りが良いのですが水洗いによって縮んだり汗を良く吸収する素材なので汗ジミが残らないようにお手入れが必要です。

保管の仕方によっては虫食いとなりやすく、伝統工芸品でも手入れと保管の仕方により買取価格が大幅に下がってしまってしまうので、大切に保管し劣化しないうちに買い取ってもらいましょう。

実際の更紗の買取価格は500円~70,000円以上

たくさんの色と柄を使う型染めは高度な技術と手間がかかり高額となるので同じ作家の作品でも使う色の数によって価格が違ってきます。

江戸時代は、贅沢禁止令によって派手に見えない高級感のある柄染めが発達し、粋で上品な柄は手間がかけられ高度な江戸更紗の文化を生みましたが、現代は職人の大幅な減少により、年代物も高額取引され、サイズが小さいものでも文化財としての価値があります。

買取価格は保存の状態にもよりますが、無名の更紗は500円~5,000円以上です。

更紗の買取例は、たとえば下記のようになります。

600,000円の正絹(東京都伝統工芸士/二代目更甚)江戸更紗訪問着 30,000円~
600,000円の正絹(作家/前田仁仙)草木染め訪問着 30,000円~
江戸時代後期の木綿藍更紗 70,000円~

更紗を売るなら着物買取の専門店

着物買取専門店の査定は、無料で自宅に専門の鑑定士が来てくれたり、宅配で送って査定してもらえるので安心です。

更紗は長い歴史を持ち木綿は丈夫な素材で保温性、吸水性が高く人気がありますが、素人目では高価なものが見分けづらく、着物のプロでなければ価値を判断できません。

自宅で眠っている更紗があったら気軽に査定を申し込みましょう。

>>おすすめの着物買取業者ランキングはこちら

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
このカテゴリの関連記事