留袖の買取相場 高価買取してくれるのはどんな店?

留袖には、結婚している女性が着る黒留袖と、独身女性も着る色留袖があります。

第一礼装として使われる着物で購入されることも多いですが、思いのほか着る機会がなかったり、年齢に合わなくなってきたし保管が大変などの理由で売りたい人も少なくないです。

留袖を売りたい場合の相場やどこに売ったらよいかを調べました。

>>留袖の買取相場をすぐ見る

留袖について

留袖は、着物の中で一番格が上となる第一礼装です。第一礼装とは、人生の節目の特別な日に着る着物で、洋装でたとえるとアフタヌーンドレスやイブニングドレスにあたります。

留袖は結婚式を主催する側が着る儀式用の着物で裾にのみ絵羽模様があるのが特徴です。

絵羽模様とは、縫い目で途切れることがなく前と後ろの模様が一つの絵になるようにつながっている着物をいいます。

黒留袖とは

結婚式や披露宴に出席する新郎新婦の母親、ミセスの親族、仲人夫人が着ます。

黒地の着物に紋を五つ(背中心・後ろ両袖・前両胸に紋)入れるのが正式で、比翼(ひよく)仕立てと呼ばれる二枚重ねて着ているように見える着物をいいます。

上半身には模様が入らず、裾に縁起の良い格調高い模様が描かれた祝儀用とされる特別な着物です。

色留袖とは

黒地以外の着物を比翼仕立てにして、裾にのみ絵羽模様が入った着物で、ミス、ミセスにかかわらず着ることができます。

紋の数によって着物の格が変わり着るシーンが違い、紋を五つ入れる五つ紋は、黒留袖と同じランクとなってフォーマル度が高くなります。

結婚式・披露宴に出席する親族の女性は、五つ紋もしくは三つ紋(背中心・後ろ両袖に紋)の入った色留袖を着ます。略式とされる三つ紋や一つ紋(背中心のみに紋)にすると格式の高い祝賀パーティー、正式な茶事などセミフォーマルな場で着られます。

留袖を売るならどこで売るのがいい?

留袖には家紋を入れることが一般的なため、売ることができるのか気になるところだと思います。

最近はレンタルで留袖を済ませてしまうことも多く、別の家紋入りの留袖にこだわらない方も増えているので家紋が入っていても売ることができます。

留袖を売る場はどんなところがあるのか、その中でどこで売るのがよいのかまとめました。

オークション

インターネットオークションに出す方法もありますが、おめでたい結婚式に着装する着物なので購入希望者も神経質になってしまうことがあり、シミや色目などイメージと違う場合にはトラブルの原因となってしまうことがあります。

また、柄の位置が高い留袖は若い女性向け、低い位置は年配者向けとされていて、年配者の中にはインターネットオークションに抵抗がある方も少なくなく、柄が低いと売れないこともあります。

リサイクルショップ

留袖以外の着物もふくめ、一般的なリサイクルショップでは、なかなか買取価格がつかないのが現実です。

留袖は、オールシーズン着るため季節感のない柄が好まれ、証紙がある方が買取価格が高くなるのですが、リサイクルショップの場合には店員に着物の知識がなければ証紙の有無にかかわらず同価格とされてしまうことがあります。

インターネットで申し込める着物買取専門店

着物買取専門店には着物に精通した専門の査定員がいるので、留袖の需要や紋についても詳しく、紋の有無にかかわらず買取ってくれます

保管の手間を考えて売りに出す場合、鑑定のプロは買取価格を常に最新の情報をもとに査定してくれるので思っていたよりも高値を付けてくれることがあります。

留袖の買取相場について

着る機会がなくなった留袖を買取してもらう場合の相場についてまとめてみました。

需要の多さで価格が変動

色留袖は、結婚していない女性も着ることができるため、最近では、振袖よりも色留袖を選ぶ女性が増えています。また、30代~40代の既婚女性にも黒留袖よりも華やかに装えるので人気があり、需要のある品は高く買い取ってもらえる可能性が高くなります。

今の女性は、身長が高くて手足が長い方が多いので、大きいサイズの着物の方が需要が高くなります。サイズが大きく、裄丈(ゆきたけ)と呼ばれる腕の長さがある程度ある色留袖は値が高くなります。

実際の留袖の買取価格は1,000円~50,000円以上

人間国宝、伝統工芸士、人気作家の作品などの着物は高値が付きますが、一般的な留袖、色留袖の買取の相場は1,000円~10,000円とさまざまです。

なお、着物買取専門店は、得意分野を持っていたり高額な価格で買い取ってもらえる場合もあるので、工芸品や人間国宝ものでなくても、思いもかけない値が付くこともあります。

黒留袖・色留袖それぞれの買取価格の具体例は、たとえば下記のようになります。

黒留袖

押田正義(本加賀友禅作家)900,000円 本加賀友禅黒留袖が50,000円~
東藤岳(加賀友禅伝統工芸士)800,000 円 本加賀友禅黒留袖が40,000円~

色留袖

合田峰太郎(京繍作家)80,000円 総京刺繍色留袖が30,000円~
蒋雪英作(中国の人間名誉国宝)760,000円 総相良刺繍色留袖が30,000円~

留袖を売るなら着物買取の専門店

着物は生地を選び仕立てるのでまったく同じ着物は存在せず、上記のように、留袖の相場はサイズや状態など実際の品物を見てみないと査定できません

着物買取専門店の査定は、査定のプロにお願いできるけれど、簡単な手続きで無料で査定してもらえますし、一点からでも査定してもらえるので、気軽にまずはホームページから申し込みしましょう。

>>おすすめの着物買取業者ランキングはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
このカテゴリの関連記事