付下げの買取相場と高価買取してくれる店の選び方

付下げは、訪問着に準じた正装の着物で、お茶席から外出着まで様々な用途に着られる着物として、広く親しまれています。

買取に出されることも少なくないですが、付下げの買取相場はいくらくらいなのでしょうか?

付下げとはどんな着物なのかや、付下げを売る時どこに売るのがよいのか、買取相場はどのくらいなのかをまとめました。

>>付下げの買取相場を今すぐ見る

付下げとは?

付下げは、正絹でできた染めの着物の一種で、訪問着のように着物の形に仮仕立てをして染めるのではなく、長い反物のまま染めるという特徴があります。

そのため、着物に仕立てた時にすべての柄が上を向いていて、柄が縫い目にかかることがありません。

訪問着よりもやや格下の着物とされ、訪問着では堅苦しくなってしまうパーティーやお茶席などに向いています。

また中には、古典柄などの格式高い柄をあしらった、訪問着に近い「付下げ訪問着」と呼ばれるものもあり、こちらは結婚披露宴や入園入学の式典にも着ていくことができます。

着物全体に柄の入ったものは「付下げ小紋」といい、一般的な小紋と同じように普段着の着物に分類されます。

付下げの特徴をまとめると以下のようになります。

  • すべての柄が上を向いていて、柄が逆さまになっていない。
  • 脇の縫い目、胸と襟の縫い目、肩と袖の縫い目などで、縫い目をまたいで柄がつながっていない。
  • 柄が飛び飛びに入っていて、訪問着よりも控えめ。
  • 格式高い柄の入った訪問着に近い付下げ訪問着と、全体に柄の入った付下げ小紋もある。

付下げ訪問着では、縫い目をまたいで柄がつながるように作られているものもあり、訪問着と見分けがつきにくいことがあります。その場合でも、胸と襟の縫い目は柄がつながっていない事が多いので、見分けるポイントになります。

付下げを買い取ってくれるのはどこ?

付下げは生産に比較的手間がかからないため、訪問着よりも手ごろな値段で売られています。

そのため買取価格もやや低めになってしまう傾向があるのですが、そんな付け下げを出来るだけ高く買い取ってもらうには、どんなお店に売るのがいいのでしょうか?

リサイクルショップ

リサイクルショップでは着物の取り扱いをしていない所が多く、大手チェーンでも一部の店舗に限られています。

着物の買取をしてくれる場合でも、着物に関する専門家がいないことがほとんどで、着物の見立ては難しく、洋服の古着と同じく数百円程度の値段しかつかないことが多いです。

質屋

質屋も最近は着物を扱っていないところが多く、持ち込む前に電話などで確認する必要があります。

また全体的に買取価格は低めで、大島紬などの高価な着物しか買取してもらえない場合が多いです。付下げ小紋などは、持ち込んでも買い取ってもらえないと思った方がいいでしょう。

ネットオークション

ネットオークションの場合は自分の買取希望額を設定できますし、サイズや柄などが需要と合えば高値で売れる可能性があります。

しかし自分で写真を撮るなどの手間がかかりますし、買い手とのトラブルが発生することもあり、慣れない方にはあまりお勧めできません。(参考:オークションで着物を売るのは?の記事)

インターネットで申し込める着物買取の専門店

着物買取専門店は着物のプロが査定してくれるので、売りたい付下げの価値を正確に判断してもらえます

一般的には訪問着よりも価格が手ごろな付下げですが、有名作家の作品などは高価なものもあり、着物の価値をしっかりと判断できる専門家に査定してもらうことが大切です。

査定の手数料は無料で、ホームページから簡単に申し込みができます。

付下げの買取相場について

用途が広く、既婚未婚を問わないため需要の高い付下げですが、では実際にはいくらくらいで売れるものでしょうか?

買取価格は着物の状態にもよりますが、高く売れる付下げの条件と買取価格の相場について調べてみました。

未使用品・保存状態が良いもの

一度も袖を通していない着物や、反物のままの場合はより高い値がつきます。

保存状態が悪く、カビやシミ、虫食いの穴などがある場合は買取値段が下がったり、買い取ってもらえない事もあります。

多少シミがあるものでも、着た時に表に出ない場所なら値段は下がっても売れる場合があるので、無料で査定をしてくれる所で見てもらうといいでしょう。

証紙がある

証紙とは着物や帯の産地や品質を明らかにするもので、反物の端などに付いています。

証紙があった方が品物の信用度が増すので、より高く買い取ってもらえる可能性が高いです。

実際の付下げの買取価格は数百円から数万円

様々なシーンで着ることができ、未婚既婚の区別もない付下げは需要が高く、それだけ売りやすい着物ともいえます。

保存状態の悪いもの、極端にサイズが小さいものでなければ、数千円の値が付く場合がほとんどです。

また未使用品や高級品、人気作家の手掛けた作品で証紙がある場合は、数万円以上の値がつくこともあります

付下げの買取価格の例では、以下のものがありました。

400,000円の付下げ訪問着(刺繍格子模様 未使用品) 40,000円~
250,000円の付け下げ(辻が花) 20,000円~
100,000円の付下げ小紋(ろうけつ染) 5,000円~

ただし着物の買取価格は実際の品物を見ないと決められないため、同程度の価格・品質の着物でも、保存状態やサイズなどの条件によって買取価格は変動します。

付下げを売るならば着物買取の専門店がおすすめ

付下げは着物買取専門店でも多く扱われている着物ですが、相場は一言に付下げといっても、種類や柄によって様々なので、実際の買取価格を知るには、着物買取の専門店に査定してもらうのが一番です。

専門店なら、その道のプロが着物の価値を正しく査定してくれますし、独自の販売ルートがあるため、買取価格も比較的高めです。

査定は無料なので、万が一着物の買取価格に納得がいかずに断わっても、費用はいっさいかからないので安心です。

>>おすすめの着物買取業者ランキングはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
このカテゴリの関連記事