紬の買取相場について。結城紬など実際の買取例

紬はお洒落着としてラフに楽しめる織りの着物です。フォーマルな場には合わせられませんが、ショッピングやデート、カフェ巡りなど幅広く活用でき人気が高いのですが、譲り受けてサイズが合わないなどの理由で売られることも少なくないです。紬を売りたい場合にどこで売るのがよいか買取相場はいくらなのかについてまとめました。

>>紬の買取相場をすぐ見る

紬とは

紬は蚕(かいこ)の繭(まゆ)から糸を取り出して丈夫に織られた独特の凹凸の肌触りと、落ち着いた色合いのものが多い織りの着物です。半襟を色物にしたり帯を古典柄やモダン柄など遊び心が持てるので年代を問わず愛されています。

かつては野良仕事の作業着とされていましたが、軽く着心地が良く独特の温もりがお洒落着として人気となり、普段着としてだけではなく紋を入れた色無地はインフォーマルなパーティーに華やかに合わせられます。

紬の着物は半幅帯や名古屋帯、洒落袋帯を締めて帯揚げ、帯締め、帯留めなどのコーディネート次第でガラリとイメージが変わり着物通に人気です。

紬は全国で織られていますが、産地によって個性豊かです。たとえば紬といえば真っ先に浮かぶのは世界三大織物のひとつとされる大島紬です。大島紬(おおしまつむぎ)の産地は鹿児島県本土と奄美大島で、中でも泥染めは黒い光沢があり軽くシワになりにくいのが魅力です。

また、有名な結城紬の産地は茨城県と栃木県で保温性があり、着るほどにやわらかくなり風合いが増していき亀甲などの柄は小さいほど高度な技術が必要なので高価となります。

他にも着物ファンの多い塩沢紬の産地は新潟県でさらさらした肌触りと張りが特徴で、着崩れしにくいので単の着物として作られることが多く裾さばきの良さが人気です。

裏地を付けた袷(あわせ)は10月から5月まで長く着られ、裏地のない単(ひとえ)は6月と9月に7月と8月はうすものと呼ばれる夏の素材でつくられる紬は年間を通し心地よく着こなせます。

紬の買取をしてくれるのはどこ?

カジュアルな場に着て行くことの多いにもかかわらず、手間と熟練した技術が要求されることから仕上げるのに時間が掛かり高額となってしまいます。譲り受けたサイズが合わない紬を捨てるのはもったいないし売りたい場合にどこで売るとよいかについてまとめてみました。

ネットオークション

オークションで売るにはある程度の着物の知識がないと難しく、紬は着物に慣れ親しんだ人が好むことが多いので、質問に答えたり価値をアピールできないと売れません。また、個人同士の売買のため、商品の保管状態など人によって認識が違いトラブルとなってしまうおそれがありますが、オークション主催者は個別に対応をしてくれません。

リサイクルショップ

持ちこむだけなので手間が要らず簡単そうですが、近くにリサイクルショップがないと探す手間が掛かります。探しても店員に着物の知識がないと紬の価値がわからず、どんなに高価な紬でも買い取ってもらえないことやほとんど値が付かず少しでも高く売りたい人には向きません。

インターネットで申し込める着物買取専門店

インターネットで申し込める手軽さと無料で自宅に出張で来てくれたり、郵送で査定してくれるので手間が掛からず便利です。着物の知識がなくてもプロの鑑定士が査定と説明してくれるうえ、紬は高額となりやすく納得のいく価格で買い取ってもらえます。査定だけで買取を断っても手数料や出張料が掛からないので安心です。

紬の買取相場

譲り受けたけどサイズが合わないなどの理由で着ない紬を自宅に保管しておいても手間が掛かりタンスのスペースを取ってしまいます。タンスにしまいっぱなしの紬を買取してもらう場合の相場についてまとめました。

保管状況で買い値が左右

もともと普段着として作られてきた紬は丈夫で三世代にわたって着ることも珍しくないため保管状況の良し悪しで値が大きく変わります。紬は糊(のり)を使用していることからカビの原因になりやすく、濃い色目の紬はカビを発見しやすいので定期的に確認したりタンスの空気を入れ替えてあげる必要があります。

実際の紬の買取価格は3,000円~100,000円以上

紬は大きめのサイズで状態が良く人間国宝や有名作家の証紙があるとかなりの高額が期待できます。また、紬の産地や柄によっても価格が違い経済産業省指定伝統的工芸品に入っていると高値が付きやすいです。無名のものでも3,000円~10,000円と相場が高めなのは生産量が少ないことやお洒落着として人気が高くニーズがあるからです。

紬の買取例は、たとえば下記のようになります。

2,300,000円の正絹 (人間国宝/宗廣力三×宗廣陽助)草木染別誂郡上紬 150,000円~
1,600,000円の正絹(沖縄県指定無形文化財びん型保持者/城間栄順)琉球紅型染紬 100,000円~
1,000,000の正絹(作家/伊藤嘉秋)結城紬訪問着 30,000円~

紬を売るなら着物買取の専門店

紬はシワになりにくく丈夫で実用的なお洒落着として人気があり高額になりやすいです。紬の価値を知っている着物買取専門店なら、査定は無料なのに熟練したプロの査定員がスピーディーに対応してくれます。査定だけで買い取ってもらわなくても手数料が掛からないのも安心です。

>>おすすめの着物買取業者ランキングはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
このカテゴリの関連記事