打掛の買取相場 実際の買取例をご紹介

打掛は、内側の着物の上から羽織るようにして着られる丈の長い着物で、和装の花嫁衣裳として用いられています。

結婚式をしたからもう着ることがない、ずっと思い出としてとっておいたけれど保管するのが難しいなどの理由で売られることも少なくないです。

打掛を売りたい場合にどこで売るのがよいか、買取相場はいくらなのかについてまとめました。

>>打掛の買取相場をすぐ見る

打掛とは

打掛は、結婚式に新婦になる女性が着る日本伝統の花嫁衣裳で絹の着物です。歩くときに裾が地面につかないように、裾(すそ)や、裾の左右両端の部分である褄 (つま) をからげることから掻取(かいどり)とも呼ばれています。

打掛の歴史は古く、室町時代に武家の婦人が寒い時期の礼服として、羽織のように打ち掛けて着たことからこの名前が付いたとされています。江戸時代には、身分の高い女性や裕福な家の女性の婚礼衣装として着られるようになりました。

打掛には、白無垢と呼ばれる白打掛色打掛があります。

特徴として、おはしょりを作らず、裾は内側の着物より1尺(約30cm)ほど長く「ふき」といわれる綿を入れて厚みを出した部分があります。
重みで足にまとわりつかず、裾広がりになることで身長を高く見せることができるのです。

また、松竹梅、鳳凰、御所車などの縁起の良い柄が使われています。

色打掛の種類には刺繍物、織り物、染め物があります。

刺繍物は、格調高い相良刺繍が有名、刺繍糸でひとつずつ作った糸玉で模様を描いていく高い技術と手間の掛かかる最高級の刺繍です。

織り物で良く知られているのが能装束にも使用される唐織です。模様糸を浮かせて織るので刺繍と見間違うほど立体的な模様ができ光沢があり豪華です。

染め物で有名な友禅(ゆうぜん)は、絵を描くように染められ華やかで織り物よりも薄く軽いのでシルエットが美しい打掛です。

白無垢は、室町時代に足利幕府が婚礼の衣裳を定めたことで白打掛が着られるようになり現代にも引き継がれています。

近年は真っ白な化学繊維や絹と化学繊維でつくられた交織も増えていますが、生地が正絹の場合は天然素材なので少しクリーム色で光沢のあるのが特徴です。白無垢と言ってもふきの部分だけが赤くアクセントのあるものも見かけます。

打掛の買取をしてくれるのはどこ?

打掛は結婚式でしか着ないものですが、なかなか処分する気にもなれなくてとりあえず手元に残していることも少なくないです。

思い切って売ろうという場合に、どこで売るとよいかについてまとめてみました。

ネットオークション

オークションサイトに出品して売る方法もあります。

化学繊維は、真っ白ですが正絹は自然素材なので特別の技術を使って白くしても、少しずつ色が変わり生成りっぽく見えます。

絹独特の風合いと光沢は他の素材と比較にならないほどすばらしいのですが、写真と実際の色目が違って見えることは多く、なかなか買い手がつかなかったり、買ったあとのトラブルなど、面倒なことも多いです。

リサイクルショップ

打掛は、人生で一度着る機会があるかどうかなので着物の中でも特別です。豪華で手が込んで最高の技術でつくられ高価なものが多いのですが、リサイクルショップには着物の知識のある店員がほとんどいません。

値の付け方がわからず買取ってもらえないことや、新品でないことを理由に相場よりもかなり安くなってしまうこともあります。

インターネットで申し込める着物買取専門店

インターネットの着物買取専門店は、ホームページの申し込みフォームで、連絡先などを入力して簡単に査定を申し込めます。

出張サービスは自宅に着物のプロが無料で査定しに来てくれるので、かさばってしまう打掛を運ぶ手間が不要ですし、宅配査定の場合も、送料もすべて無料なので安心です。

戦前のアンティークのものに希少価値があったり、有名な作家の作品は驚きの買値が付くことがあるので、打掛の価値を知り尽くした着物買取専門店に頼むのがおすすめです。

打掛の買取相場

結婚式のときにいただいた打掛も、そのまま受け継げれば良いのですが長期間保存するのもなかなか大変です。

打掛を買取してもらう場合の相場や、買取価格がきまふポイントについてまとめました。

保管状況で買値に差がつく

打掛は丈が長く、ふきにボリュームがあるので保管の場所を取ります。また、絹なので大切に保管していたつもりでも白地が変色していたり、虫食いがあったり、刺繍がほつれてしまうことがあります。

シミや刺繍の状態を確認し、きれいに保存できているならば、傷む前に売る方が損をせずにすみます。

実際の打掛の買取価格は2,000円~300,000円以上

打掛は結婚式にレンタルするだけでも30万円~70万円が相場です。

結婚は何かとお金が掛かるので、手頃な価格で手に入るなら買いたいという希望が多く、とても需要があります。証紙等があるもので保存状態にもよりますが、無名な打掛は2,000円から15,000円です。

打掛の買取例は、たとえば下記のようになります。

5,000,000の正絹(友禅作家/松井青々)色打掛 300,000円~
2,000,000円の正絹(川島織物)色打掛 150,000円~
戦前の正絹 総刺繍、色打掛 10,000円~

打掛を売るなら着物買取の専門店

インターネットの着物買取専門店の査定はすべて無料で、買取価格に納得がいかないときはキャンセル料もかかりません。

古い打掛もアンティークとして人気が高く、婚礼衣装としてだけではなく美術品としても外国人を中心に人気です。

着物買取専門店は着物の価値に詳しいだけでなく、独自の販路もあるので、打掛も買取対象です。

眠っているだけの打掛があったら気軽に査定を申し込みましょう。

>>おすすめの着物買取業者ランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
このカテゴリの関連記事