和装小物を買い取ってくれるのはどんなお店かや買取相場一覧

和装小物には帯揚げや帯締めなど着物を着るのに絶対に必要なものと、髪飾りや帯留めのように、つけたらもっと華やかにしてくれたり優美にしてくれるものがあります。

着物に合わせてたくさんの種類を買った場合など、使わない小物を処分したい時、捨てるのはあまりにも忍びないです。

和装小物を買い取ってくれるところはあるのかや、買取相場はいくらなのかについてまとめました。

>>和装小物の買取相場をすぐ見る

和装小物とは

和装小物には、着物を着るのにに欠かせないものと、和服姿を美しく見せるアクセサリーなどがあります。小物の魅力は、着物を一枚買うよりも手軽に買えて場所も取らないことです。

必ず使用する小物は帯揚げ、帯締め、草履、下着などがあります。

帯揚げ

帯揚げは帯を巻いたときの後姿をきれいに見せる帯枕を包むものです。通常は帯の横からチラッと見えるだけですが、振袖の場合は胸元をふっくらとボリュームを出して彩ります。帯揚げにはフォーマル用、カジュアル用、袷、夏物と種類もたくさんあります。

振袖には、総絞りでボリュームを出すことが一般的です。帯揚げ全部が絞りで染められていてクシュっとしているので、たっぷりと出すことで可愛らしさが演出できます。
留袖・色留袖には、白の光沢のある綸子、縮緬、絞りで金・銀が織り込んである華やかなタイプが定番です。

訪問着・付け下げには、綸子など品良く帯とのバランスで選びます。
カジュアルに合わせる場合は、ぼかし染めや無地染めなどで色を自由に選んで個性が楽しめますが、豪華になり過ぎないように金や銀の入っているものは避けます。

帯締め

帯締めは、帯が崩れないようにする紐ですが、着て行く場所で着物や帯を変えるように帯締めも変えます。たとえば、結婚式で着る訪問着の袋帯に合わせるものや、個性的な柄の小紋に合わせるレトロなタイプなどさまざまで、帯揚げとセットで売っていることも多いです。

草履

草履は、和服を着るときの履物で礼装用と普段着用があります。振袖用は、かかとが高くデザインが華やかなものが一般的です。礼装用は長めに着る留袖や色留袖と合わせるので、かかとが高めで金銀を使ったもの、普段着用はデザインを自由に楽しめるかかとが低いもの、喪服用は全部が真っ黒なものです。バッグとセットで売っていることも多いです。

フォーマルには、佐賀錦の織物や布製に金・銀の入ったタイプ、セミフォーマルの訪問着にはエナメルも合わせやすいです。カジュアルには雨に強く丈夫なウレタンソールが人気です。

着物用バッグ

バッグは、礼装用として金銀を使ったものや、洋服にも合わせやすい素材、デザインのものまで多種多様です。ウールや木綿にアジアンティックな素材を斜め掛けしたり、以前では考えられなかったスタイルも見かけますが、縮緬などオーソドックスなものは着物に合わせやすく人気です。

羽織紐

羽織紐は、羽織の胸元が開かないようする紐で洋服のボタンの役割をして、可愛いアクセサリータイプや男性用もあります。

男性の礼装として羽織を結ぶ紐は丸組みの白色です。普段着に合わせる平打ちや無双タイプのものは、天然石や、女性用であればビーズの手づくりも人気です。

ないと困るものではないけど、あったら華やかになったり、特別の日の気持ちを盛り上げてくれる嬉しいアクセサリーです。

帯留め

帯留めは、帯締めを飾るアクセサリーです。べっ甲のような工芸品や、珊瑚や翡翠、エメラルドなど宝石としての価値の高いものまであって、着物姿を美しく演出してくれます。

たとえば、珊瑚は種類が豊富で中でも土佐産の血赤珊瑚が世界的にも最高級品とされています。

ショールやストール

ショールやストールは、和服の上に羽織るもので暖かいことはもちろん、素材によっては、衿元を豪華にしてくれます。正絹やファーなどデザインによってはワンピースに合う兼用タイプの物もあってバラエティ豊かです。

髪飾り

くしやかんざしは、髪にさす飾りです。振袖姿を豪華に見せてくれるものや、まとめ髪のアクセント、浴衣やお洒落着のカジュアルなタイプのものまで幅広く、着物の種類や髪形、年齢に合わせて買いやすいアクセサリーです。

バブル時代は、職人さんの手づくりのかんざしやくし、豪華な帯留めなど高価なものがバンバン飛ぶように売れたので、タンスの奥に小物が眠っている家庭も多いです。

和装小物を買取をしてくれるのはどこ?

不要になった和装小物はどこで買い取ってもらえるのか、また、どこで売るのが得なのかについてまとめました。

ネットオークション

オークションは慣れていないと大変な作業です。帯留めのような宝石の重さやサイズを正確に測る必要や、写真をきれいに何枚も撮るのに明るさを変えたり、時間がかかることもあります。しかも、希望価格で落札されるとは限らず、オークションに慣れている人以外にはおすすめできない方法です。

リサイクルショップ

珊瑚の帯留めは、産地や大きさ、重さ、デザインによって価格が違いますが、宝石としての価値が高く世界中に欲しい人がいます。しかも昔とくらべて卸価格そのものが上がっているので高値がつきやすいです。けれど伝統工芸品や宝石などの小物は、査定する人によって価格が大幅に変わります。

リサイクルショップによっては知識の少ない店員が査定し、二束三文で売ってしまうと後で後悔してしまいます。

インターネットで申し込める着物買取専門店

着物買取の専門店は、着物だけではなく着物に関係する物も買取ってもらえます。着物を売るルートをしっかりと確保しているので小物も売れるのです。

良い着物を安く買いたい人は価値のある小物も安く買いたいので需要があります。人気のある商品や流行を把握しているプロが査定するので価格も信頼できるうえに、他では買取ってもらえないものまでまとめて買取ってくれて、しかも、パソコンやスマホで申し込めて無料で出張に来てくれたり、宅配査定してもらるので便利です。

和装小物の買取相場

着物を売る時にまとめて小物を売ったり、使うことのない和装小物を買取してもらう場合、いくらくらいで買い取ってもらえるのか?

和装小物の買取相場を調べてみました。

ケースや鑑定書があると価格がアップする

小物はとくに専用ケースがあると高級感がプラスされるので高値がつきます。さらに鑑定書や保証書、ギャランティーカードがあると次に買おうか悩んでいる人が安心して買えるので買取り価格も高くなります。他にも着物と一緒に売るとコーディネイトしやすくなるので高く買取ってもらえます。

保存状態が悪いと価格が大幅にダウンする

状態によっては価格に差が出てしまいシミや型崩れ、デザインによっても価格が大きく変動します。同じように見えてもランクが違ったり、ほんのちょっと欠けていただけでも一ケタ違う査定となるのは一般的です。中でもべっ甲はやわらかいので傷がつきやすく、防虫剤を使わないと虫がついて穴が開くことがあるので保存には注意が必要です。

実際の和装小物の買取例

一部の小物を除いて着物にくらべ気軽に買えるので、売るときもそれほど高い値はつきにくいです。風変わりなバッグや珍しい髪飾り、美術品や宝石としての価値のあるものは高値で売れることが期待できます。

伝統的技法の老舗「有職組紐 道明」の帯締めは、最高級品とされ人気があります。また、草履は「佐賀錦」や「伊と忠」はバッグがある場合は一緒に売ると高く買取ってもらえることが多いです。
帯留めなどは大きさや宝石的価値のランクにもよっても価格は変わり、保存状態も大きく左右します。

和装小物の買取例をご紹介します。

帯揚げの買取例

  • 龍工房謹製 正絹絞り 2,000円
  • 加藤萬謹製 正絹ちりめん 1,000円
  • 五嶋組 正絹ちりめん 500円

帯締めの買取例

  • 有職組紐 道明 正絹 6,000円
  • 五嶋組 正絹 1,000円
  • 渡敬謹製 正絹高麗組 300円

草履の買取例

  • 浅草 匠 5,000円
  • 伊と忠 3,000円
  • 佐賀錦 1,000円

バッグの買取例

  • 岡重 ソフリナバッグ 2,000円
  • 伊と忠 1,500円
  • 佐賀錦 500円

帯留めの買取例

  • 珊瑚 300,000円
  • 翡翠 30,000円
  • べっ甲300円

髪飾りの買取例

  • 珊瑚かんざし 20,000円
  • べっ甲かんざし 3,000円
  • 蒔絵くし 300円

ショールやストールの買取例

  • シルクショール 4,000円
  • 正絹絞りショール 800円
  • フォックスショール 500円

羽織紐の買取例

  • 天然琥珀の羽織紐 2,000円
  • アメジストの羽織紐 500円
  • インド翡翠の羽織紐 100円

和装小物を売るなら着物買取の専門店

着物のコーディネートに大切な和装小物は着物買取専門店なら買い取ってもらうことができます。こんな古い物を見せたら笑われるかもしれない…などと思いがちですが、小物はきちんと保存すると着物より長持ちします。
とくに、かんざしは歴史が古く昔のかんざしは職人の高度な技術で作られているので人気があります。質の良い物は高く売れるので着物を売るタイミングで一緒に買取ってもらいましょう。

着物買取専門店ならスマホでも申し込むことができ、すべて無料で査定をしてもらえるので便利です。

>>おすすめの着物買取業者ランキングへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
このカテゴリの関連記事